Z-Notes

主にZBrush、3dsMax、3d-Coatなどの3DCGアプリに関する覚え書き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頭部のスカルプト(その18)

新しく作ろうと思ったが、一つのモデルを作り終えると他のモデルのおかしな所が見えて修正せずにいられない、という繰り返しが続くw。

眼球が少し内側に寄ってたのを修正。唇の厚さ、アゴの輪郭を修正。

誤ってアンドゥしないよう履歴の必要ないサブルールは個別に履歴を削除しておくほうがいいだろう。

サブツールごとにアンドゥ履歴を持てる事は便利な反面、不便でもある。

head-sculpt-mov-74.png



大幅に修正しようと邪魔なポリペイントを非表示したらものすごい老け顔になってたw。まあこれはこれで有りかと思うが。

head-sculpt-mov-75.png


ディテールを全部潰して全体の形状を変更。一部リトポの修正も行う。

head-sculpt-mov-76.png

修正前のモデルから修正後のモデルにポリペイントのみを転写するのもやり方によっては無理じゃなさそう。今度テストしてみよう。




ミラー・アンド・ウェルドしたとき中心に穴や不要なトポロジーが出来た時の原因と修正方法。

途中でシンメトリーを切って作業したり、トランスポーズを中心からずれたまま変形したりすると中心点がズレてこのような結果になることがある。

head-sculpt-mov-77b.png


このような場合はズレた中心を原点に戻してからミラー・アンド・ウェルドをすればいいだけだ。

具体的にはズレた中心点以外をすべてマスクして「Move」モードのトランスポーズまたは「Deformation」の「Size」で数回縮小してズレをゼロにする。(トランスポーズのリピートは「1」キーで)

head-sculpt-mov-77.png





もう一つのモデルも大幅に修正

シワやひだの練習のためマフラーを巻いてみたがいまいち。ベースモデルを作る段階で少し考えこんでしまった。

もっといい資料写真が必要だ。

head-sculpt-mov-73b.png


このモデルを修正中にいつの間にか選択しただけでZBrushが落ちる地雷サブツールが出来ているのに気付いた。

頂点数が14しか無いのにポリゴン数が560もあって明らかに不正なメッシュ。

head-sculpt-mov-78.png


選択すると落ちるので削除もできない。

表示・非表示の切り替えは可能なので「SubToolMaster」プラグインの「Delete Invisible」を試してみたが、これも落ちた。

最終的に地雷サブツール以外をすべて「Clone」し、別ツールにそれらをアペンドして新たにToolを再構成。

地雷サブツールを含んだ元のToolを「Del All」で解決した。

これだとアンドゥ履歴もそのままで必要なモデルの救済がきる。

こういうのは後々セーブもロードも出来なくなる原因にもなるので早めに対処すべき。




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://momonchan574.blog65.fc2.com/tb.php/902-45b1f146
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。