Z-Notes

主にZBrush、3dsMax、3d-Coatなどの3DCGアプリに関する覚え書き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頭部のスカルプト(その15)

別のモデルで顔の修正とかリトポの修正。「BasicMaterial」が一番スカルプトに適したマテリアルだとおもう。

head-sculpt-mov-65.png


ツイッターでもつぶやいたけど目のウルウル感を出す演出をテストのつづき。

基本的には前回目に使った透明マテリアルと同じなんだけど、どうも完璧な透明感が出ない。何がおかしいんだ?

head-sculpt-mov-66.png

透明なオブジェクトを下瞼にのせるというよくあるやり方。

まあ何もZBrushでレンダリングすることにこだわる必要もないんだけどね。



追記>

試しにポリペイントしてみた。

head-sculpt-mov-67.png



唇のアップ

head-sculpt-mov-68.png


肌と同じマテリアルをコピーして光沢を加えマテリアルをペイント、目のマテリアルでやったのと同じくスペキュラーと「Reflectivity」の設定がメイン。

またBPRではレンダリング設定でマテリアルブレンドを使います。

BPRをデフォでレンダリングするとたいてい影が全体に広がってどんよりとした色になると思うので「BPR Shadow」をいじります。



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://momonchan574.blog65.fc2.com/tb.php/899-27352bc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。