Z-Notes

主にZBrush、3dsMax、3d-Coatなどの3DCGアプリに関する覚え書き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ask ZBrush(その2)


今回の要約するのは「#AskZBrush: “Is there anyway to turn on Mask by Polygroups with a button instead of the slider?”
(スライダーを使う代わりにボタンを使って「Mask by Polygroups」をオンにする方法はありますか?)」。

これに対する答えは「イエス」。ZBrush内のほとんどの処理はスクリプトを使うことで自動化出来ます。

ZScriptを一から作るというのも一つの方法です。

askzbrush-02-02.png

ここでは「マクロ」メニューの機能を使って処理を自動化するより簡単な方法を解説しています。

askzbrush-02-03.png


「Mask by Polygroups(マスク・バイ・ポリグループ:ポリグループによるマスク)」とはブラシなどでドローを開始したポリグループ以外をマスクする機能。

askzbrush-02-01.png

ここでは「マクロ」機能を使って2つのマクロを作り「Mask by Polygroups」のオン・オフを切り替えるボタンを作ります。

まず、「Mask by Polygroups」スライダーを「0」にリセットします。

askzbrush-02-04.png


「Macro」メニューで「New Macro」ボタンをクリックします。

askzbrush-02-05.png

すると下のようなオプションが表示されます。

askzbrush-02-06.png


「今すぐZBrushを初期化するとともに、マクロを実行するときは常にZBrushを初期化しますか?
ほとんどの場合Zスクリプトを記録するのにZBrushを初期化することを強くおすすめします。よくわからない場合は「Yes」を押してください。」

ここでは初期化しないので「No」をクリックします。(初期化するとZBrush起動時の状態に戻されます。)

するとZBrushはマクロ記録モードに入り、この後行われた変更はアクションとして記録されます。「New Macro」は記録モードをオンにするボタンです。

ここで「Mask by Polygroups」スライダーを「100」に変更すると、これが記録されます。

askzbrush-02-07.png


「Macro」メニューで「End Macro」をクリックし記録モードを抜けます。

askzbrush-02-08.png


表示されたウィンドウでボタンを作るためのマクロは「Startup」>「Macros」フォルダに保存されますが、直接ここに保存するとマクロがロードされる時「Macros」メニューにボタンが追加されてしまうのでサブフォルダーを作ってそこに保存します。

「Macros」フォルダーに「Mask by Polygroups」サブフォルダーを作り、「On」と名前をつけたマクロをそのサブフォルダーに保存します。

もう一度「Macro」メニューを開くと「Mask by Polygroups」サブメニューの下に「On」ボタンが現れます。

askzbrush-02-09.png


このボタンをクリックすると「Mask by Polygroups」のスライダー値が「100」になります。

(厳密に言うと「Mask by Polygroups」は「0」以外はすべてオンで、値によってマスクの強度が変わる。ZBrush、トランスポーズ、アクションラインの仕様まとめ(その3)も参考に)

同様の手順を繰り返して今度は「Off」ボタンを作ります。

スライダー値を「100」にしたら、もう一度「Macro」メニューから「New Macro」ボタンをクリックしてスライダーを「0」に戻します。

「End Macro」をクリックして上と同様に「Mask by Polygroups」フォルダーに「Off」と名前と付けてマクロを保存します。

マクロはテキスト形式で保存されているので、テキストエディタで編集するだけで変更することができ、より高度なスクリプトを使って2つのボタンの代わりに一つのトグルスイッチにすることも出来ます。

同様に「See-through」スライダーなんかもオン・オフボタンに置き換えられます。

>要約以上


ここで補足情報。

ここではマクロでボタンを作ることでスライダーの「0」と「100」を素早く切り替えていますが、ほぼ同様のことをスライダー操作だけでも可能です。

いちいちスライダーノブ上でクリック&ドラッグしなくてもスライダーの「0」または「100」付近でクリックして素早く外側にドラッグすればほぼボタン操作に近い素早さで切り替えられます。

スライダーの両端付近でクリックして外側側へドラッグ。「0」の場合ワンクリックでOKな場合もある。

askzbrush-02-10.png


また中央が「0」でスナップするタイプのスライダーではそのほぼ中心でクリック&ドラッグすれば素早く中央値の「0」にすることも可能。

中央右寄りでクリックしたら左へ、左なら右へ短くドラッグします。「0」のところでスナップがかかるので大きくドラッグしすぎなければ「0」で止まります。

askzbrush-02-11.png


多少慣れが必要ですが、これも同様に覚えておくといいでしょう。


そう言えば最近気になっているのが、ツイッターでZBrushロゴを使ったオフィシャルアカウントと紛らわしいZBrushのTipsアカウント。

Tipsと呼ぶにはあまりにお粗末すぎる内容のツイートが何度も繰り返しツイートされているみたいで、まあ普通にユーザーが何つぶやこうと気にしないけど、わざわざZBrush風のロゴを使ってまでつぶやくならもう少しまともなものをツイートして欲しいかな、と思いました。

ではまた。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://momonchan574.blog65.fc2.com/tb.php/878-4c51fccf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。