Z-Notes

主にZBrush、3dsMax、3d-Coatなどの3DCGアプリに関する覚え書き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

非公式、ZBrush初心者のためのZBrush入門のまとめ

中途半端に中断してしまいましたが途中までのまとめです。

記事全体の体裁がめちゃめちゃな構成になってるっぽいですが我慢して下さいw。


非公式、ZBrush初心者のためのZBrush入門(その1)


I-序文

0.ZBrushの読み方

1.インストールとアクティベーションに関する注意点

2. ZBrushは2.5Dペイントソフト!

3.スカルプト

4. スカルプトモデリングの利点

「ポリゴンモデリングに適していると思われるもの」

「スカルプトモデリングが適していると思われるもの」

・Sculptris(スカルプトリス)でデジタルスカルプトモデリングを体験する。




II-ZBrushの使い方

1. ZBrushを起動する

・ZBrushのウィンドウサイズを変更する

・「ZBrushは指示してやらないとほとんど何も保存しない」

・起動終了時のフェード設定をオフにする

・サブパレットを複数開いたままにする

・ UIグループを開いたままにする

・「Store Config」の設定保存場所


2.「起動時は2.5Dモード」

・ 最初は3DCGソフトと言う先入観を捨てる

・「3Dモード」に入るまでの手順(その1)

・「3Dモード」に入るまでの手順(その2)

・「Project(プロジェクト)」とは?



非公式、ZBrush初心者のためのZBrush入門(その2)


・スタートアップ用のカスタムプロジェクトを作る

・グリッド表示の設定を変更する

・ パースの設定

・カスタマイズしたプロジェクトを保存する


3. ZBrushのUI(ユーザー・インターフェース)の基本

・「UIはカスタマイズして使うのが基本」


4. ZBrushのナビゲーション(カメラ操作)の基本

・カメラ操作(ディフォルト)


・カメラ操作(右クリックナビゲーション)

・右クリックナビゲーションの操作

・ナビゲーション・ゾーン



非公式、ZBrush初心者のためのZBrush入門(その3)


・自作スタートアッププロジェクト

・プロジェクトにToolをロードする

・「Tool」の切り替え

・3Dオブジェクトはプロジェクトで保存しない。

・「Tool」「SubTool」の概念

・「Tool」>「SubTool」サブパレットの基本操作

・SubToolの選択


4. カスタマイズ

・ファイルやフォルダの整理

・Cドライブ以外に保存する

・膨大な数のブラシプリセットを整理する

・Cドライブを圧迫するオートセーブファイル

・オートセーブの設定を変更する

・シンボリックリンクで「QuickSave」フォルダを他のドライブに

・ZBrushのフォルダ設定

・UIレイアウトのカスタマイズ

・アイコンの大きさやUIエレメント全体の大きさを変更する

・UIカラーのカスタマイズ

・「Icolors」パレットの主な設定



非公式、ZBrush初心者のためのZBrush入門(その4)


・ショートカットのカスタマイズとカスタムパレットの作成

・カスタムパレットを作る

・筆圧設定

・グローバル筆圧設定の保存

・主なローカル筆圧設定

・カーブエディタの基本操作

・カスタムブラシを作ってそのブラシにローカル筆圧を設定する


コメント

zbrush勉強中なのでとても助かっています。
これからもお願いします。
今、画像からアルファでMake3Dにするところの設定がいまいちわかっていないので、
機会があったら解説お願いします。

  • 2015/11/29(日) 08:38:20 |
  • URL |
  • #JalddpaA
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます

Make3Dは単に「Alpha」パレットで立体化したいアルファを選択するなりインポートするなりして読み込んだら「Make3D」ボタンを押すだけです。
後は思うような結果になるまで設定を調整して繰り返せばいいです。設定もそんなに多くないので難しくはないと思います。

いきなり解像度を大きくすると計算に時間がかかったりフリーズしたようになるので少しずつ上げるといいでしょう。
しかしこの機能で完璧なメッシュを求めるのは無理があります。

またこの機能は計算が終わるまで結果が分からないので場合によっては下で示す方法が効率的かも知れません。

>やり方

・適当なメッシュ解像度の平面を用意する
・アルファを使ったブラシ設定でその平面をスカルプトする
・出っ張った部分だけを「Slice Curve」でポリグループに切り分ける
(マルチサブディビジョンレベルの場合は最高レベル以外を「DelLower」で削除)
・出っ張った部分以外を非表示にして「Del Hidden」して削除
・残った部分をダイナメッシュするか「Close Hole」して穴を塞ぐ

これのほうが結果がすぐわかるし、メッシュ解像度にもよりますが少なくても同じ品質かよりシャープなメッシュになると思います。

図解>http://blog-imgs-88.fc2.com/m/o/m/momonchan574/alter_make3D_01.png

  • 2015/11/29(日) 15:22:39 |
  • URL |
  • CPU #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://momonchan574.blog65.fc2.com/tb.php/814-e8b671c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。