Z-Notes

主にZBrush、3dsMax、3d-Coatなどの3DCGアプリに関する覚え書き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KeyShotのマニュアル見てお勉強、でも300ページ近くあるw

ZBrushのアップデートが来る前にKeyShotの予備知識を得ておこうということで英語版PDFをネットで探してきた。

見つけたのはKeyShot5のマニュアルです。

日本語版も探せばあるかもしれないけど、日本の代理店みたいなサイトで「KeyShotはすべてCPU電源だけで・・・」みたいな意味不明なこと書いてるくらいだからマニュアルの日本語訳も怪しそうですw。

もちろんここは「KeyShotはCPUパワーだけを使って・・・」のようにするべきところでしょう。

しかしマニュアルをざっと見たところこれは完全なリファレンスと言う感じでチュートリアルっぽいものは全くなくて仕様の解説のみという無味乾燥なものです。

むしろユーチューブに大量にあるオフィシャルのチュートリアル動画を見るほうがいいかもしれません。

また大まかな特徴を知るだけなら日本の正規代理店サイトを見るのがいいでしょう。

上で書いたようにKeyShotはCPUのみが使われます。この特徴が次期ZBrshと連携されるレンダラーとして選ばれた理由のひとつでしょうか?。

メインのZBrushがGPUに頼らない設計なのに連携する外部レンダラーがGPUに依存するのは必要とされるシステム環境の整合性が取れないということでしょうね。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://momonchan574.blog65.fc2.com/tb.php/807-b7c05e24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。