Z-Notes

主にZBrush、3dsMax、3d-Coatなどの3DCGアプリに関する覚え書き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZBrush、カーブをグルグル巻き

インサート系のブラシって以前は端っこ引っ張っるとカーブを伸ばせたと思うんだが、今はできなくなってるみたい。

これ系のブラシはほとんど使わんので設定でなんとかなるのかもしれませんが、違う特性のブラシ同士でもカーブの互換性がいくらかあるので次の様なやり方を使う手もありかと。


次のような円錐形をカーブの土台として使います。

「Topology」ブラシのようなカーブをつなぐ事ができるブラシを使って、この土台に螺旋を描きます。

ドローしてはカメラを回しを繰り返し必要な長さになるようにカーブをつなげていきます。

joint-curves-01.jpg

「Stroke」>「Curve Functions」の「Curve Smoothness」を上げると滑らかなカーブが描けます。

それでもカーブがガタついてしまったら「Smooth」ボタンを数回押して滑らかにします。


つなげる時はカーブの終端から新しいカーブをドローします。逆につなぐと一つのカーブになりません。

joint-curves-02.jpg




インサート系のブラシに切り替えて適度な「Draw Size」に設定し、このカーブをクリックするとオブジェクトがこのカーブにそってインサートされます。

この場合「CurveTube」ブラシで「Stroke」>「Curve Modifiers」の「Curve Falloff」を下のように設定しました。

「fH」は水平に反転です。

joint-curves-03.jpg


使わない機能は調べない、調べないからわからない、わからないから使えない、使えないから使わないという悪循環w。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://momonchan574.blog65.fc2.com/tb.php/759-793f8bf6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。