Z-Notes

主にZBrush、3dsMax、3d-Coatなどの3DCGアプリに関する覚え書き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZBrush、3Dレイヤーをモデリングに活用

ある時、下のような「ClipCircle」ブラシで曲線的にくり抜くと言うような事が出来ないかとふと思った。

3DLayer-tips-01.jpg


まあブーリアンとかアルファとか色々やり方も考えられるんだがどうも手順が面倒でクリップ系ブラシを使ってほぼ一発的なお手軽さはない。

「Deformation」で「Inflate」してからクリップして「Inflate」を反対にかけるということもやってみたが思った効果は出ない。

そこでほとんど使ったことが無い3Dレイヤーならひょっとしてできるかもという考えが頭によぎった。

ほとんど期待してなかったけどやってみたらあっさり出来ましたw。

その手順は下の通り。

1、「Tool」>「Layers」の「New」ボタンでレイヤーを追加し効果を適用する面以外をマスク。

(このレイヤーでの変更は後に全てキャンセルされるので実際にはマスクは不用です。)

3DLayer-tips-02.jpg



2、「Move」モードでアクションラインを引き中央を「Alt」+ドラッグしてベンド変形。

3DLayer-tips-03.jpg



3、「New」ボタンでもう一つレイヤーを追加したら、「ClipCircle」ブラシで横から円形にカット(順番を間違えないこと)。

3DLayer-tips-04.jpg



4、ここまでで下ような感じになります。

3DLayer-tips-05.jpg



5、最初に追加したレイヤーのスライダーを「0」にしてこのレイヤーに加えられたベンド変形をキャンセルします。

元のフラットな面に戻り曲線的に「ClipCircle」でカットしたような効果が得られました。

レイヤーが不用なら「Bake All」でレイヤーを破棄します。

3DLayer-tips-06.jpg



応用例です。

3DLayer-tips-07.jpg

3DLayer-tips-08.jpg

3DLayer-tips-09.jpg



一番上のは手順が複雑で思ったほど簡単ではなく、何度も失敗しました。まだ出来は今ひとつ、だけど改良できる可能性はまだまだありそう。

一番下は「ClipRect」を使ってみたけどガタガタにカットされ、ポリッシュを繰り返しても最後まで滑らかにならなかった。やっぱり「ClipRect」は使いにくい。

もちろん使い方次第でもっと多彩なモデリングが出来るでしょう。


ZBrushの3Dレイヤーって効果の強弱やオン・オフといった2Dレイヤーの3D版的な使い方にとどまっているんじゃないでしょうか?

レイヤーの並べ替えができるようなので3dsMaxのモディファイヤスタックのようにも使えそうですね(実際どうだか未確認)。

モデリング時にももっと積極的に活用すればかなりモデリングの可能性が広がりそうです。

とてつもなく奥が深いZBrush、恐るべし!



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://momonchan574.blog65.fc2.com/tb.php/757-3bf6df9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。