Z-Notes

主にZBrush、3dsMax、3d-Coatなどの3DCGアプリに関する覚え書き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZBrush、気付いたことをメモ(その3)

1、LightBoxとプロジェクトの活用

よく起動時に3Dモードにしてくれという人を見かけますが、

起動直後にLightBoxからプロジェクトファイルをロードすればそれだけで済む話だと思いますね(スタートアップマクロにしてもいいでしょう)。

ダイナメッシュのスフィアから作り始める人はダイナメッシュのスフィアを一つ置いたプロジェクト、

ZSphereから作る人はZSphereを置いたプロジェクトなどなど、自分がよく使うオブジェクトをプロジェクトで保存し、それを起動後にロードしてそこから作り始めればいいんじゃないでしょうか?

デフォルトで便利なプロジェクトもありますし。

ToolもここからLightBoxでToolファイルをダブルクリックすればロードできます。

LightBoxからEditモードのプロジェクトをロードすることは2.5Dモードをスキップする素早い方法です。



2、ナビゲーション・ゾーンは使えるか?

ナビゲーション・ゾーンというのはキャンバスをUI上で最大に表示した時、キャンバス枠の少し内側に表示される細線との間のエリアです。

miscC-01.jpg


通常、ZBrushのナビゲーションはキャンバスの何も無いところをクリック&ドラッグして行いますが、

このエリア内ではサーフェース上でクリック&ドラッグしてもナビゲーションができます。

しかし、そもそも右クリックナビゲーションを使えばどこからでもナビゲーションが行えるのでほとんど価値はありません。

またこのエリアはナビゲーションのみが可能であり、マスク解除や選択ポリゴンの表示、非表示などのクリック、ドラッグ操作はできません。

ここはナビゲーション・ゾーンを表示させるよりむしろキャンバスを少し小さくしてシェルフUIとの間に余白を作るほうがおすすめです。

この余白ではオブジェクトがキャンバスいっぱいに表示されていてもナビゲーションも可能ですし、マスクや選択ポリゴンの表示・非表示のクリック、ドラッグ操作もできます。

逆説的ですが画面の小さいモニターなどではオブジェクトをより大きくして作業しがちと思われるので、あえてキャンバスを小さくしてこの余白を使ってみるのもいいかもしれません。







コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://momonchan574.blog65.fc2.com/tb.php/743-1b2d5f48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。