Z-Notes

主にZBrush、3dsMax、3d-Coatなどの3DCGアプリに関する覚え書き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZBrush、気付いたことをメモ(その2)

1、

何故か「DragRect」ストロークで「Space」キーを押しながらドラッグドラッグ中に押すとカクつかずにスムーズにアルファが拡大縮小します。

miscB-01b.jpg




「Alt」キーを押すとカクつくので反転は「Zsub」(「Zadd」)ボタンを使います。

訂正>「Alt」を途中で離せばいいだけでしたw。特殊キーを最後まで押したままでいる必要無い場合もあるってことをよく忘れますw。

どんな場合にもそうなるかは不明、ひょっとするとPCやOSに依存するのかもしれません。

「DragDot」でも同じくスムーズに移動みたいです。

より正確なサイズ、位置を決めるのに使えるかも。


2、

「Picker」パレット

miscB-02.jpg


「Source」「Color」「Material」は2.5D用の機能らしいので省略。


「Orientation」はブラシ効果の向きを決めます。

「Once Ori」は最初にブラシをおいた地点のサーフェースの向きをそのストロークの間維持し続けます。

「Cont Ori」はブラシの移動中、その下にあるサーフェースの向きにブラシの向きを合わせて行きます。

ペンシル型のアイコンをドラッグして向きを変えるとサーフェースに関係なくブラシを(スクリーンに対して)その向きに固定します。

miscB-03.jpg



「Depth」

これもどちらかと言うと2.5D用の機能のようです。

「Curve」系ブラシのカーブをサーフェースにスナップする時に「ContZ」は重要です(何でここにある?)。

miscB-04.jpg


また「Z」スライダーをクリックしてそのままキャンバスのオブジェクト上までドラッグするとそのサーフェース上のZ値を取ります。

miscB-05.jpg


次に「Once Z」をオンにするとそのZ値と同じ位置にしかブラシの効果がでません。

(Z値はスクリーン平面からの奥行き。手前がマイナス、奥がプラスです。「0」は3D座標の原点(かな?)。)

miscB-06.jpg

どんな用途があるか思いつきませんw。



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://momonchan574.blog65.fc2.com/tb.php/742-cea78f7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。