Z-Notes

主にZBrush、3dsMax、3d-Coatなどの3DCGアプリに関する覚え書き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZBrush、任意の座標軸でカメラの回転

ZBrushのビュー操作はかなり独特で最初はだれでも戸惑ってしまうものですが、
それ以上に戸惑うのが任意の座標軸で回転させるボタンを使った時の動作です。

Rotate_on_any_Axis_01.jpg

(注:何故かディフォルトUIの右シェルフには「Y軸」と「Z軸」のボタンしかありませんが「Transform」パレットには「X軸」もあります。)

Rotate_on_any_Axis_02.jpg


何気なく使っているとなかなか回転の制御が難しいんですが、動作の原理がわかると意外と簡単です。

例えば「Y軸(緑色)」を中心に回転させたい場合は「Rotate On Y Axis」をオンにしてキャンバスで水平にドラッグすると、
「Y軸」がキャンバス内でどの方向を向いていようがその軸を中心にカメラ(オブジェクト)が回転します。
(注:どの軸を選んでもその軸を中心に回転させる操作はキャンバスに水平なドラッグです。)

Rotate_on_any_Axis_03.jpg


垂直方向にドラッグするとどの座標軸とも関係なくキャンバスに対して上下方向に回転します。

Rotate_on_any_Axis_04.jpg


また、キャンバスを斜めにドラッグするとそれら2つの回転が合成されます。

ちなみにディフォルトの「Rotate On All Axis」はどの座標軸とも関係なくキャンバスを基準にドラッグした方向へ回転します。

キャンバスを完全に水平にドラッグするのは難しいため、完全に任意の軸のみに回転を制御できなさそうですが、
任意の軸をキャンバスに水平にすればどの方向へドラッグしてもその軸だけを中心にして回転させることが出来ます。

Rotate_on_any_Axis_05.jpg


ただし「Shift」キーを併用して回転を90度ごとに制限することは出来ません。
厳密に言うとこの機能はカメラの回転を90度に制限するものではなく座標軸をキャンバス対して水平垂直に整列させるというのが正しい定義でしょう。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://momonchan574.blog65.fc2.com/tb.php/730-e3ace39d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。