Z-Notes

主にZBrush、3dsMax、3d-Coatなどの3DCGアプリに関する覚え書き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チュートリアル、勝手に翻訳(その7)

http://www.dmmultimedia.com/3dtips_06e4b.htm

Texturing - Paint Effects and Setups - Exploring Mental Ray Car Paint Shader Part II

Paint Flakes


The Flakes setting in the Mental Ray Car Paint shader create the effect of little metalic flakes in the paint.
メンタルレイ・カーペイント・シェーダーのFlakeの設定は、小さな金属の薄片効果をペイントに作ります

These are a few settings which can be altered to recreate many different flakes effect.
多くの異なったFlake効果を再現させるために変更できるいくつかの設定がある

The setings are similar to the specular settings.
この設定は鏡面反射光設定に似ています

The default settings are shown below along with a close-up render.
下のディフォルト設定に従った、クローズアップのレンダリング

This produces a nice spread of flakes - directly effected by the specular light (from a direct light source).
これは良い感じのFlakeの広がりを生みます - (直接光源からの)鏡面反射光に直接影響される

Default settings for Flakes
Flakeのディフォルト設定

Close-up the Flakes effect in Mental Ray Car Paint - Flakes Specular Exponent of 45.0.
メンタルレイ・カーペイントのFlake効果のクローズアップ - 45.0のFlakes Specular Exponent値

Flakes Specular Exponent


The Flakes Specular Exponent can be used to adjust the spread of the flakes - in the same way as the Specular Exponent.
Flakes Specular Exponentはflakeの広がりを調整するのに使うことが出来る - Specular Exponentと同じような方法で

Lower values make the visible spread of flakes larger, while higher values make the spread smaller.
低い値はflakeの広がりを大きく見せます、高い値は広がりを小さくします

Flake Specular Exponent

Effect of the Flakes Specular Exponent (85.0 upper, 15.0 lower) on the flake spread under spot lighting.
スポット光源下で広がったflakeのFlases Specular Exponent 効果(上が85.0で、下が15.0)

Higher values pack more flakes into the specular highlight.
高い値は鏡面反射光ハイライトにより多くのflakeを詰め込みます

The example below use the default Flakes Specular Exponent, with 2 different Flakes Density settings.
下の例では2つの異なったFlakes Densityの設定を行った、ディフォルトのFlakes Specular Exponentをつかう

Note that increasing the Flakes Density increasing the amount of flakes in a given area, but the visible spread over the surface is controlled be the Flakes Specular Exponents (as above).
Flakes Densityを大きくすることは、与えられた領域のflake量を増大しますが、表面全体に広がって見えるものは(上のように)Flakes Specular Exponentsでコントロールされている

Flakes Scale

This value simply scales the flakes - making each flake larger.
この値は簡単にflakeを拡大縮小します - それぞれのflakeを大きくする

The example below shows be difference using 2 different Fakes Scales.
下の例では2つの異なったFlakes Scaleの違いを示します。

Note how the larger flakes also adhere to the Specular Exponent in the same way as the smaller flakes.
より大きいflakeと同様により小さいSpecular Exponentのflakeがどのように付着するか注意しなさい(??)

Effect of Flakes Scale on the size of the flakes
flakeのサイズであるFlakes Scaleの効果

Flakes Strength

Flakes Strength defines the way the flakes are oriented.
Flakes Strengthはflakeを方向付けさせる方法を定義する

Values near 0.0 are parallel to the surface (All flakes lying flatly) and as you approach 1.0 they become more mixed up.
0.0に近い値は表面に平行(全てのflakeは平らに横たわる)ようになり、1.0に近づくにしたがって、それらはより混ぜ合わされる

Flakes strength near 0.0 give flat flakes, nearer 1.0 are more randomly mixed.
Flakes strengthは0.0近くでフラットなflakeを、1.0に近づくとよりでたらめに混ぜ合わされる

Flake Color
This tints the flakes with a set color.
これは色を設定することでflakeを色付けする

You can also maps to give a subtle colored pattern ot the flakes as shown below.
さらに下に示されたように、微妙に色付けされたパターンを得るためマッピングすることも出来ます

Setting the flakes to black will blend then out.
flakeを黒に設定すると混ざりあって消えます(??)

Flake Color adjust the flake colors - right side uses a noise map for subtle blend.
Flake Colorはflakeの色を調整します - 右側は微妙にブレンドするためノイズマップを使う

Flake Reflections
 
Switching on Flake Reflections enables the flakes to reflect the environment.
Flake Reflectionsをオンにするとflakeが周囲を反射することが出来るようになります

This can be useful if you want a the flakes to scatter the reflected environment map using only a skylight - as it does not depend at all on the specular effects from point lights.
これは、スカイライトだけで使う反射された環境マップを散乱するのにに役立つことが出来る - 点光源からの鏡面反射光効果には全く依存しない

Normally a value of 0.1 is suggested, the example below uses 0.2 for illustration - Note the flakes reflecting environment map near the reflected highlights:
普通は0.1の値が推奨されるが、下の例では説明のため0.2を使う - 反射されたハイライトの近くのflakeが反射する環境マップに注目

Using the Flake settings it is possible to create very realistic and also unusual paints.
Flake設定を使うと、非常にリアルなもの、そしてまた一風変わったものも作ることが出来ます


とりあえず、これで終了です、本当はもう一つこの後にあるんですが準備中らしいですね
最後の章は翻訳し難いものがいくつかあって、自信ないのには(??)としてあります。
疲れた

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://momonchan574.blog65.fc2.com/tb.php/72-1bdfdb59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。