Z-Notes

主にZBrush、3dsMax、3d-Coatなどの3DCGアプリに関する覚え書き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZBrushでモデリング

新たに1からモデリングしたものではなく以前に作ったものの修正です。

一から(ゼロから)というのを英語で「from scratch」と言いますが、日本でよく言う「フルスクラッチ」と言う言葉はこれの誤用ってことですかね?

以前のモデルを修正することで同時に自分のデッサン力や物の見方も修正、強化していけるんではないだろうかと期待しつつ。

modeling1311-1.jpg

modeling1311-2.jpg

modeling1311-3.jpg

modeling1311-4.jpg

modeling1311-5.jpg

1つだけ上のものにポリペイントしてみた。適当に塗っただけだが結構リアリティが上がるね。

modeling1311-6.jpg

モデリングする時は「DefaultDynaWax64.ZPR」プロジェクトでやることが多いんだが、このマテリアルは「AnisotropicSpecular」を使った非常にクセのあるスペキュラ設定になっていて微妙な曲面のモデリングンは不向き。

なのでこれを使ってモデリングする場合はこの設定を「0」にしたほうが良いでしょう。


追記>

他にもう2つポリペイントしてみた。

AOだけをオンにしたディフォルトの「BPR」でレンダリング。マテリアルのWaxも弱めにしている。

ポリペイントする前と印象が大きく変わったり、モデリングの問題がより目立ったりで修正が必要だ。

まつげも付けたいね。

modeling1311-7.jpg


modeling1311-8.jpg


また追記>

上のやつのモデリングを修正して別アングルで「BPR」。

設定は同じだが、上のやつはWaxを弱めてなかったのでそれも修正している。

印象が全然変わるなぁ。

modeling1311-9.jpg

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://momonchan574.blog65.fc2.com/tb.php/717-0dea4ec1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。