Z-Notes

主にZBrush、3dsMax、3d-Coatなどの3DCGアプリに関する覚え書き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZBrush、アクションラインでオブジェクトをワープさせる

「Move」モードに切り替えます(ワープ出来るのはこのモードだけです、多分)。

アクションラインをオブジェクトからそれをワープさせたい位置までアクションラインを引きます。

このときのアクションラインの始点位置がワープするオブジェクトの原点になり、終点位置がその原点が移動する位置になります。

transwarp-01.jpg


アクションラインの始点の外側の円をクリックしてアクションラインの始点と終点を反転させます。

transwarp-02.jpg


反転した始点の中心の円から「Alt」を押しながらアクションラインの外側(逆方向)へクリック&ドラッグします。

transwarp-03.jpg


するとオブジェクトが元々あった位置から一瞬に現在の始点位置に移動します。

transwarp-04.jpg


これはオブジェクトをアクションラインを使って正確に移動させたい場合に使えるかもしれませんね。


トランスポーズのFlatten機能の応用と言った感じでしょうか。よし、これを「トランスワープ」と名付けようw。

これって新発見?

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://momonchan574.blog65.fc2.com/tb.php/714-c6df8507
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。