Z-Notes

主にZBrush、3dsMax、3d-Coatなどの3DCGアプリに関する覚え書き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZBrush、Transposeの覚書(おまけ)

特に記事にする程でも無いような内容ですが(ダジャレじゃないようw)、覚書として書いておきます。



アクションラインの向きを反転。

ドローしたアクションラインの始点にある外側の円をクリックするとアクションラインの向きが反転します。

さらに反転したアクションラインの始点の外側の円をクリックすると元に戻ります。

TP-miniinfo-01.jpg




アクションラインがスクリーンに水平になるようにカメラをロール(Z軸)回転。

アクションラインの先端の白い円をクリックするとカメラをアクションラインが水平になるように回転します。

もう一度クリックすると更に180度回転します。

(細かいことを言うと、実際にはカメラはアクションラインの見た目の回転とは反対に回転してるわけですね。)

TP-miniinfo-02.jpg


(これって前は垂直にもできたと思うんだけど?マニュアルにもそう書いてるし)

これは単にカメラ自体をアクションラインの始点を中心に(スクリーン平面に垂直な軸で)ロール回転させているだけでオブジェクトを回転させている訳ではありません。


(ZBrushのカメラは2.5Dの仕様を引継いで実際はオブジェクトを回転、拡大縮小、移動しているという変態仕様になっていたはず?。なのに最近は普通にカメラと言うようになったね。まあ、もはやメインは3Dなので当たり前なんだろうけど。)



「Preference」>「Transpose」サブパレットの各設定。

まあこれはマニュアル見ればいいことなんだけどね。

3.1日本語マニュアルでは「Rotation Steps」の記述が違っていた。間違っているのか仕様が変更されたのかは不明です。

TP-miniinfo-03.jpg



「Circles Radius」スライダー:アクションラインの3つの円の大きさを設定する。

「3D」ボタン:オンの時、カメラからの距離によって3つの円の大きさを変える。遠い=小さい、近い=大きい。

「Axis Length」スライダー:軸セレクターの長さ(大きさ)を設定。

「Show Alignment Dial」ボタン:オンにするとアクションライン先端の白い円を表示。

「Snap Max distance」スライダー:アクションラインをドローする時にポリゴンの頂点にアクションラインの始点が(スクリーン座標に対して)スナップする距離。

「Rotation Steps」スライダー:アクションラインを「Shift」を押しながら回転する時にスナップする角度の設定。90度を何等分するかを表す。つまり「3」なら30度、「2」なら45度、「9」なら10度ごとにスナップ(スクリーン座標が基準)。

「Mask Blur Strength」スライダー:マスクにブラーをかける時の強度(何故ここにある?)。

「Mask Sharpen Strength」スライダー:マスクをシャープにする時の強度(何故ここにある?)。

(ちなみに「Ctrl」+クリックでマスクにブラーをかける機能のオン・オフを切り替えるのは「Preference」>「Edit」の「CtrlClick To Blur Mask」ボタンです。マスクで統一してくれ。)


「Align ActionLine To Axis」ボタン:オンにするとアクションラインがスクリーンに平行にドローされる、つまりサーフェースにスナップしない。(軸に揃えるという名前はおかしいよね?)

「Align MaskLine to Axis」ボタン:オンにするとトポロジカルマスクのアクションラインがスクリーンに平行にドローされる(ドロー中はスナップされてるようだし意味あるの?)。

「Enable Transpse Inflate」ボタン:オンにするとトランスポーズによるInflate機能が使える。(「Move」モードでアクションライン終端の中心を「Ctrl」+右ボタンドラッグ。)

「Enable Transpose Trim」ボタン:オンにするとトランスポーズのFlatten機能が使える。(「Move」モードでアクションラインの始点の中心をクリック&ドラッグ。)


下にある「Transpose Units」サブパレットについてはこちら(ZBrushのトランスポーズユニット)を参照してください。




アクションラインの正確な数値情報はUI上部にあるステータスに表示されます。

TP-miniinfo-04.jpg



左から、「Units」、「Transpose Units」サブパレットで設定したトランスポーズの単位スケールに対する長さ、「Units」はディフォルトの単位名(ユーザーの設定によって単位の名称は変わる)。

「Pixols」ピクソル単位での長さ(スクリーンのピクセルではない、「Zoom」(「Scale」ではない)しても数値は変化しないがアクションラインは拡大縮小する)。

「Angle」スクリーンに対する角度。

「Position3D」3Dワールド座標での始点の位置(単位は「Transpose Units」の「Units Scale」による)。

「Offset3D」始点を原点にした終点の相対位置(同上)。





コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://momonchan574.blog65.fc2.com/tb.php/704-e2b262a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。