Z-Notes

主にZBrush、3dsMax、3d-Coatなどの3DCGアプリに関する覚え書き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3ds Max UVアンラップのチュートリアル(その8)

まだまだ 「UV Unwrapping - Part 8 - Organic Model」


つぎは有機体モデルである恐竜に目を向けてみましょう。

似たようなワークフロー、特定のシームを作るエッジレベルの作業からはじめます。

それ以降は、モデルをアンラップするためにピールやリラックスのようなツールを使います。

有機体モデルには自然なカーブがあるのでメッシュを平坦にするために「ピール」や「リラックス」のようなツールが必要です。

そのままシーンでの作業を続けます。前回のムービー終わりから続けるため、必要なら「uv-unwrapping_dinohead.max」ファイルを開きます。

恐竜の頭を選択してそれだけを表示します(「分離モード」)。

必要ならメッシュの構造を見るため「F4」キーを使います。

有機体モデルを扱う場合、以前行ったものと似ているものも少しありますが、違うものもあります。

ビットマップはすぐには利用できないため、歪があるかどうかのフィードバックが得られるものを使う必要があります。

通常その効果を得るためにチェックのパターンを使います。

「Unwrap UV」モディファイヤにはチェッカー・パターンがビルトインされていますが、このためにデザインされたマテリアルを使うとよりコントロールしやすいです。

スレート・マテリアル・エディターを開いて「Dino Head」と名付けられたマテリアルを見つけます。

ディフューズ・チャンネルにチェッカー・マップを割り当てます。

もし必要なら、色を好みにあったものに変更することができます。

ビューポートでチェッカーの結果を見るために「UVW アンラップ」モディファイヤを適用します。

よりわかりやすくするためにチェックのタイリングを10X10あるいは20X20に上げる必要があるかもしれません。

マテリアル・エディタを閉じるか端に移動します。

まともに見えるところもありますが、他はひどく伸びています。

トポロジーについて一言、通常メッシュを均一にすることで歪を最小限にするのに役立ちます。

この場合、エッジループをかなり改善することが出来るかもしれません。

頂点などの密度が高すぎたり、非常に大きなポリゴンがあるような部分を作るのは避けなければいけません。

また、急な角度の変化はマッピングに歪を作る傾向があります。

あなたが以前学んだように、アンラップする時はモデルを部分ごとに分けるのがベストです。

この恐竜の頭を一体のままアンラップしようとするのはほとんど不可能だし、きっと良い結果にはならないでしょう。

なので首、耳、角、頭、下あごに分割するためのピールシームを作る必要があります。

「マップ シーム」を無効にすることで自分が作成したピールシームがよく分かるようになります。

エッジのサブオブジェクト・モードで頭から首を切り離すためのエッジを選択します。

「Point-to-Point Edge Selection(ポイントからポイントでエッジを選択)」を使い一周させます。必要ならズームします。

終わったら、先に学んだように「エッジ選択をシームに変換」を使います。

円筒状のパーツとして首が切り離されました。首を平らにするためには、下の部分にももう一つシームを作る必要があります。

これが首の部分の処理です。

次に耳を囲みます。片方づつ作業します。

速すぎたり、遠すぎたり、急いだりし過ぎてはいけません。たまにズームや回転を行なって正しいエッジを確実に選択します。

失敗してしまったら、「ポイントからポイント」モードを一旦抜け、「Alt」キーを使って間違ったエッジを選択解除します。

エッジの選択を続け、それが終わったらピールシームに変換します。

これで耳が頭から切り離されましたが、うまく開くにはまだ追加のカットが必要です。

耳の尾根にそって選択しますが、必ずエッジの一つは選択しないで残します。

この残したエッジは後に耳をアンラップする時に固定する役目をします。

選択をピールシームに変換し、この手順をもう一つの耳にも繰り返します。

耳が終わったら、角を分離します。

これは根元をシームで囲めばいいだけなので簡単なはずです。

次に高さにそってシームをもう一つ。

ズームの倍率によってシームや選択したエッジが違ったように見えるかもしれません。

必要に応じてズームアウトや回転をします。

最後に、下あごを頭から切り離す必要があります。

ちょうど良いエッジループを見つけ、それをシームに変えます。

反対側でもこの手順を繰り返します。

実際にはもう2、3のカットが必要がになりますが、それはこのモデルのアンラップを始めた時点でより明らかになります。

ですが、それは次の動画ですることです。






コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://momonchan574.blog65.fc2.com/tb.php/647-585a7127
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。