Z-Notes

主にZBrush、3dsMax、3d-Coatなどの3DCGアプリに関する覚え書き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3ds Max UVアンラップのチュートリアル(その3)

さらに続けて「UV Unwrapping - Part 3 - Architectural Model (Cont'd) 」



前のシーンから作業を続けます。必要なら前の動画で中断したところから再び始めるため「uv-unwrapping_garage-walls.max」ファイルを使います。

ビルのモデルが選択されているか確認し、「分離ツール」を使います。

「UVアンラップ」モディファイヤのポリゴン・レベルで正面となる全てのポリゴンを選択します。

小さな側壁部分を作る3つのポリゴンも選択します。

上の階のことが一瞬心配になるでしょうが、一階部分だけで作業します。

ガレージのドアや2つの窓にある奥まった部分も忘れないようにします。

ポリゴンを正しく選択しているか確認するため「F3」でワイヤーフレームモードのオン・オフを切り替えます。

ポリゴンを適切に選択しているか確かめるため、看板の周りなどの小さな部分を点検します。

UVエディタを表示させます。このようなワークフローでは、理想的にはこれをセカンド・モニターで最大表示したいです。

前にやったように「平面マップ」を適用します。

今度もやはり、Y軸でのような、前面からのマッピングが必要です。

また前回のように、「平面マップ」を必ず抜けてからクラスターの調整を試みます。

「フリーフォーム」ツールを使いビットマップの関連するエリアへクラスターをスケールします。

「Shift」キーを使ってスケールを水平または垂直に制限させます。

前回行ったように奥まった部分を調整する必要がありますが、まず最初に投影と平行に走る正面壁面の部分があります。

UVエディタで正面壁面の押し出された部分に当たる面を選択します。

これらを左から右に縮小して側壁にある流れたマップを取り除きます。

頂点モードに切り替えて、UVの頂点をビットマップと一致するよう移動、拡大縮小によって必要な調整を加えます。

それが終わったら、前に使ったポリゴンを拡大縮小するテクニックを使って、奥まった部分の調整を行いピクセルが流れるのを最小限にします。

ほぼ中心から水平又は垂直にスケールするのに「Shift+Alt」が使えることを思い出してください。

または「Ctrl+Alt」で中心から均等拡大縮小も使えます。これは窓の部分で役に立つでしょう。

看板にはベベルが付けられていてるので、ガレージのドアや窓と同様の配慮は必要無いでしょう。

終わったら、クラスター全体を選択して、前回やったように、UVスペースにx1(1タイル)脇に移動します。

次は側面と背面のレンガの壁の作業です。

2つの違う方法で作業を進めることができます。

2つの関連する壁面を一つのクラスターとして扱うか、

またはそれぞれの壁面を別々に扱うことも出来ます。これを選んだ場合は後で結合します。

側面、背面を作る全てのポリゴンを選択します。さしあたり一階部分だけを念頭に置きます。

前のように「平面マップ」を適用します。しかし、投影方向を強制することはしません。ただ3ds Maxが正しく推測するのに任せます。

クラスターをビットマップのレンガの部分にフィットするように調整します。

ポリゴン、エッジ、頂点それぞれのレベルで必要な調整を加えます。

垂直軸へ制限する方法を使いたいなら、それぞれの壁を別々に取り扱います。

背面の壁になるポリゴンを選択し、

Y軸の平面投影をそれに適用します。

平面投影が正面(Yのプラス方向)から適用されるため、調整する前にそのクラスターを水平方向に反転する必要があるでしょう。

今度は側面の壁でも同様に行い、X軸に投影されたマップをそこに適用します。

これにも反転が必要ですが、左右対称に見えるのでむずかしいです。

これをもう一つのクラスターと並べて配置します。

反転が必要かどうか判断する一つの方法は、エッジレベルで作業することです。

ポリゴンモードからエッジモードに切り替えます。

エッジの一つ、または別のもう一つを選択すると、それに連結されるもう一方のエッジがブルーに変化することで知ることができます。

連結されるエッジは横に並んでいるはずで、左右対称に反転はしません。

新しい方のクラスターを選択してそれをミラー反転します(「選択したオブジェクトを垂直にミラー」ツール)。

これらのエッジが一緒になっているかテストします。

このクラスターを調整してエッジを概ね同じサイズにします。

次にこれらのエッジを繋ぎ合わせて一つにします。

この位置に固定しておきたい方のエッジ、例えば最初のクラスターのエッジを選択します。

右クリックして「選択をステッチ」を選択します。二番目のクラスターの関連するエッジが最初のクラスターのエッジに統合されました。

クラスターはひとつになり、これを行う前のように扱えます。

明らかにこの方法は前のものよりも少し手間がかかりますがより予測可能です。

先に使った自動で平面マップする機能はいつも求める結果になるとは限りません。

その場合は、ステッチを使った手動のワークフローが必要になるかもしれません。

次の動画に移って上の階と屋根の作業に取りかかる前に、このクラスターをUVスペースで右にx1移動します。

ガレージモデルの仕上げを行う準備ができました。これは次の動画で行います。



 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://momonchan574.blog65.fc2.com/tb.php/642-7b69ddd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。