Z-Notes

主にZBrush、3dsMax、3d-Coatなどの3DCGアプリに関する覚え書き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3dsMax2014インストール完了

スタートアップを見るといろんな言語のMaxが並んでいるんだが、これって自由に選んで使えるってこと?

3dsMax2014-1.jpg

だとしたら便利なんだけど。一応英語版と日本語版を起動してみたけど問題なく起動はできた。

英語のチュートリアルなんかを参考にする場合、英語版のほうが分かりやすいってこともあるからね。

日本語版は製品自体はローカライズされているんだが、ヘルプやチュートリアルはまだ英語版でした。

もう全然触ってないので使い方わからんよ、もったいないなぁ。


>追記。

英語版は終了時に落ちたみたい。たまたまかも知れんけどね。


新機能を2つだけ

コマンドの検索機能。


Maxのコマンドを検索して実行することが出来るようになってます(ショートカットは「X」)。

例えば「ボックス」を作成してそれを「編集可能ポリゴン変換」したいときは「X」で検索ダイアログを表示して「編集」と入力するとその文字から始まるリストが出るのでそこからコマンドを選択して実行出来ます。

3dsMax2014-2.jpg


ショートカットの「X」を打つ時は直接入力モード、「編集」を打つ時は日本語変換モードに切り替えたりするのがちょっと面倒。こういうのは英語版使ってる人には便利ですね。

実際使えるのかどうか知らんけど、どんな機能でも全てここからダイレクトに呼び出して実行できるみたいなのでいいかもね。




メッシュ・インスペクター

編集可能メッシュや編集可能ポリゴンのテクスチャやトポロジーのエラーを検証して信頼性を確保するのを助ける機能。

これはセーブやロード、トポロジーを変更した時などに行われるようで、エラーが見つかるとメッセージが表示されるということです。エラーが無かったら何も表示されない。

また、見つけたエラーの修復も出来るみたいです。





コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://momonchan574.blog65.fc2.com/tb.php/638-11afb5cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。