Z-Notes

主にZBrush、3dsMax、3d-Coatなどの3DCGアプリに関する覚え書き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZBrush、今さら知った事(続き2)

その7>

前回の補足になるんですが、トランスポーズのベンド機能はブラシの「Focal Shift」値の影響を受けます。

「Focal Shift」値を上げるとベンドの減衰率が大きくなり、小さく(またはマイナス値に)すると減衰率が小さくなります。

またベンドの影響範囲はアクションラインの長さによって変わります。

アクションラインの長さや角度、「Focal Shift」の値などの組み合わせで様々なバリエーションが生まれるでしょう。

imasara-13.jpg

imasara-20.jpg

imasara-21.jpg

imasara-22.jpg

imasara-23.jpg

imasara-24.jpg


「Move」モードしか試していませんが「Scale」「Rotate」モードでも同様だと思います。

「Draw Size」はベンドに影響を与えないようです。


いやね、前回やったことを後でもう一度やろうとしたらなんか結果が違うんで、いろいろ試行錯誤したらこういう事だったという訳でして。

これってちゃんとマニュアルにも載ってるんですかね?

ベンド以外でもこういう仕様なんだろうか?、また今度試してみよう。



とここまで書いてマニュアルを調べてみた。

これはZBrush 4R2bの新機能。「ベンド」と言ってましたが正式には「TransPose Curve Deformation」と言うらしいです。

「Brush」パレットの「Curve」によってより複雑なコントロールが可能です。つまりブラシカーブ=FocalShiftなので「Focal Shift」値が影響されるのも当然ですね。

トランスポーズのアクションラインの中心から左右対称にカーブによる変形が行われます。

その名の通り、カーブによるコントロールが出来るというのがこの機能の売りなので、他のトランスポーズ機能では「FocalShift」もカーブも効果がありません。

imasara-25.jpg

imasara-26.jpg

自分なりに新発見と思ったが単なる解説となってしまったw。

トランスポーズが何故ブラシのカーブでコントロールされるのかはさておき、まさに今さらな感じw。



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://momonchan574.blog65.fc2.com/tb.php/612-7debac3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。