Z-Notes

主にZBrush、3dsMax、3d-Coatなどの3DCGアプリに関する覚え書き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZBrush、「QRemesher Guides」ブラシで輪切りカーブを引くための考察

前の記事で「QRemesher Guides」ブラシ(「Topology」ブラシも同様)では思ったように輪切りカーブを引けないと書きましたが、何となく上手くコントロールするコツみたいなのを発見しました。

輪切りカーブの角度はカーブのドローを開始した地点のサーフェースの角度(マイナスの法線)によって決まります。また、赤いラインが出ている時にドラッグするとその法線を軸に回転します。

なので輪切りのカーブを上手くコントロールするには望む方向へ輪切するために最適な角度を向いたサーフェースを探し出してそこからドローし始めればよいと言うことです。

つまり場合によっては反対側のサーフェースや側面のサーフェースなどからドローし始めるほうが良い場合もあるということですね。パースやキャンバス作業面との相対的な角度は関係ないでしょう。

4r5_39.jpg


完璧というわけではないし他にもっといい方法があるのかもしれませんが、これでかなりコントロールしやすくなるでしょう。

追記>他のカーブ系ブラシでも同様に使えるようです。



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://momonchan574.blog65.fc2.com/tb.php/607-795e7415
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。