Z-Notes

主にZBrush、3dsMax、3d-Coatなどの3DCGアプリに関する覚え書き。

「Tool」パレット

「Geomery」サブパレットの追加機能


4r5_15.jpg



「Position」「Scale」


これは「Deformation」サブパレットにある「Size」と「Offset」と同等の機能ですが「Deformation」の機能が相対的に働くのに対し「Position」と「Scale」は絶対値によって指定します。

これは「Position」なら「0」に、「Scale」なら「1(何故かZBrushではプリミティブなどはデフォで「2」になる)」にするといつでも元の位置とサイズに戻すことが出来るということです。

「Size」と「Offset」は実行した後に数値がリセットされるのでもとに戻すのが難しくなる場合があります。




「DynaMesh」の「Blur」に新しいオプションが付きました。

「Blur」の横にある丸いアイコンをクリックすることでこのオプションを切り替えます。

この円形アイコンが塗りつぶされているとメッシュのボリュームをできるだけ維持するようにスムージングを適用します。円形アイコンが輪郭だけの時はボリュームを維持しません。

追記>実際試してみたが、なんか反対に働いているようにも思えるし?、謎だ。このインターフェースはわかりにくいね、どっちがオンかオフか迷う。


「Crease」の「Crease PG」「UnCrease PG」

これらは表示されているポリグループの境界に「Crease(折り目)」をつけたり、なくしたりします。

「Panel Loops」で出来たエッジをサブディバイドした時に丸くならないよにする時などに便利です。



「Modify Topology」の「Delete By Symmetry」(シンメトリーによる削除)


これは選択した軸(「Delete By Symmetry」ボタンの右上の「X、Y、Z」)の片側のポリゴンを削除します。






「SubTool」サブパレットの追加機能

4r5_16.jpg



「Extract」の「Double」

これが有効だと「Extract」を実行した時、サポートメッシュの外側と内側に「Thickness」で設定された厚みのメッシュを作ります。つまり厚みが2倍となるわけですね。

「Thickness」のプラスとマイナスの設定は無視されます。




「Split」の「Split Unmasked Points」「Split Masked Points」

これらはモデルのマスクされた部分(Masked)またはマスクされていない部分(Unmasked)のポリゴンを新しいSubToolに分割します。



「Polygroups」サブパレットの追加機能

4r5_17.jpg



「Marge Stray Groups」

ポリグループを作成する時にできた一つのポリゴンから成るバラバラのポリグループを近くにある他のポリグループと統合します。


「Groups By Normals」

「Max Angle」で設定した角度によってサーフェースの曲率によるポリグループを作成します。



「Deformation」サブパレットの追加機能

4r5_18.jpg


「Polish By Features」

形状の特徴によるポリッシュ。横にある円形アイコンをクリックすることでオプションを切り替え、それによってポリッシュの効果が変わります。



「Polish By PolyGroups」

ポリグループによるポリッシュを行います。横にある円形アイコンをクリックすることでオプションを切り替え、それによってポリッシュの効果が変わります。



「Polish Crisp Edges」

はっきりとしたエッジの部分にポリッシュをかけます。横にある円形アイコンをクリックすることでオプションを切り替え、それによってポリッシュの効果が変わります。






コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://momonchan574.blog65.fc2.com/tb.php/597-f01d0677
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad