Z-Notes

主にZBrush、3dsMax、3d-Coatなどの3DCGアプリに関する覚え書き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Panel Loops」続き

「Panel Loops」、これは既にある「Extract」と「Edge Loop」の機能を合わせて一つにしさらに強力にしたような新機能です。


「Panel Loops」はZShpereなどによって作られた既存のポリグループや「SliceCrve」ブラシ、ポリゴンの選択、マスクから作るポリグループなどをもとに作成されます。

「Panel Loops」は複数のサブディビジョン・レベルがあると実行できません。


「Panel Loops」の作成時に設定によって自動的にマスクがかけられる場合があります。それに気付かずにマスクがかかったところで「Panel Loops」を使うとおかしな結果になることがあるので注意。



「Loop」スライダー:ベベル断面のポリゴン数。「Bevel Profile」の形状を再現するには少なくても「Bevel Profile」で作成したエッジ数以上にする必要があります。


「Double」:作成されたパネルの裏側にもサーフェースを作り、ボリューム(体積)のあるパネルを作ります。


「Append」:非表示のポリグループがある場合だけ使用可能です。「Extract」機能のようにオリジナルのポリグループを削除せずにパネルを作ります。

パネルが作成されると非表示だったポリグループはマスクされた状態で表示されます。


「Inner」:モデルの内側にポリグループを作ります。「Elevation」のマイナス値とはベベルされたエッジループの方向に違いがあります。


「Thickness」スライダー
:パネルの厚みと隣接するパネルとの距離を設定します。厚みが大きくなると隣のパネルとの距離(溝の幅)も大きくなります。


「Polish」:パネル作成時にポリグループの境界部分にポリッシュを適用して綺麗なエッジを作ります。右の円形アイコンをクリックしてオプションを切り替えます。

円形アイコンはベベルにオーバーラップするポリゴンを作るかどうか設定します。内側が塗りつぶされた円形アイコンにすると全てのポリグループの境界を丸くします。

これによって作成されるベベルの形状が影響され違う結果となります。交差したポリゴンはあとで「Polish By Features」を使ってスムーズに出来ます。



「Ignore Groups」:表示されているポリグループ以外にパネルを作成しません。



「Bevel」:ベベルのサイズを定義します。


「Elevation」スライダー:作成されるパネルの高さを設定します。プラス値でもととなるサーフェースの上に、マイナス値で下に作成されます。

「Inner」と違って作成されるベベルの向きは維持されます。


「Bevel Curve」:カーブによってベベルの断面を変更します。カーブの高さがカーブグラフの半分以上になるとその部分が隣接するポリグループのベベルと交差します。


4r5_13.jpg



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://momonchan574.blog65.fc2.com/tb.php/594-cb2b5d38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。