Z-Notes

主にZBrush、3dsMax、3d-Coatなどの3DCGアプリに関する覚え書き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Panel Loops」

せっかくマニュアル翻訳したのにちゃんと読まずに適当に設定いじりながら記事を書いてしまい、訂正だらけになってしまいました。



「Panel Loops」を使う時「SliceCurve」ブラシを使うか、ポリグループでやるかの使い分けをまとめると、


「SliceCurve」ブラシ>オリジナルのトポロジーに変更を加える、シンメトリー出来ない、キレイな輪郭ができる、3角形ポリゴンが出来る。


ポリグループ>オリジナルに変更を加えない(「Panel Loops」の設定による)、シンメトリー出来る、輪郭が汚い、四角形ポリゴンだけ(多分)。


まあ、「SliceCurve」ブラシを使っても「Duplicate」で複製すればオリジナルが変更されないし「Mirror And Weld」でシンメトリーにもできます。

また「Panel Loops」を使う前に(後でもいい)「Polish By Features」をかければポリグループでもキレイな輪郭になります。

このあたりを目安に使いやすい方を選べばいいのではないでしょうか。

追記>「Panel Loops」の「Polish」スライダーを高くすると作成されるパネルのエッジが滑らかになっていきます。「Polish By Feature」同様、丸印のクリックでボリュームへの影響を設定ベベルの部分にオーバーラップしたポリゴンを作成出来るかどうかの設定をします。

どうも「Panel Loops」の挙動がなかなかマニュアル通りにならなくて検証できない。なんか混乱してきたぞw。


「SliceCurve」ブラシは今回から「Stroke」に「Curve」の他「Lasso(投げ輪)」「Rect(矩形)」「Circle(円)」も使えるようになりました。

「Polish By Features」の横にある丸印はクリックすることでポリッシュする時、形状のボリューム(体積)を変更するかしないかを切り替えます。ボリュームを変更させるとモデルは縮みますが、曲面に平らなパネルを作りたい時などには便利かもしれません。


ポリグループの作成方法も「Ctrl+Shift+ドラッグ」のセレクション・ハイド(ポリゴンを選択して表示・非表示)のあと「Tool」>「Polygroups」の「Auto Groups」または「Group Visible」を使う他に、ポリグループにしたい部分をマスクして「Group Masked Clear Mask」(Ctrl+W)を使うやり方もあります。


R5ではさらに「Group By Normal」と言う機能も追加されていて、これはサーフェースの曲率をもとにポリグループを作ります(あまり思ったようには働かないようですが)。

「Group By Normal」を使って出来た細かいバラバラのポリグループは「Merge Stray Groups」で近くのポリグループにまとめます。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://momonchan574.blog65.fc2.com/tb.php/591-06381490
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。