Z-Notes

主にZBrush、3dsMax、3d-Coatなどの3DCGアプリに関する覚え書き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZSphereを使ったリトポの覚え書き(補足)

リトポの補足です。

一つのZSphereでいくつかのトポロジーを離して作ると頂点の作成順序によって面の厚みが反転することがあります。

ただし、一つのZSphereに一つのトポロジーを作る場合、作成順序は厚みの向きに関係無いようです。

Retopo-42.jpg


また、ZBrush 4R4 特有の問題かもしれませんが、一度プレビューすると頂点のいくつかが全く移動できなるなることがあります。

移動できなくなった頂点は削除してもう一度作り直すまで移動できないので困ったものです。

また、削除もできない頂点ができることもあるようです。


やっぱりリトポは3D-Coatでするべきか?


追記>

頂点が移動できなくなるのは何かの拍子にマスクがかかってしまったのが原因で、プレビューとは関係無いようです。

マスクを解除すれば移動できるようになります。


参考ブログ

http://ima3106.blog21.fc2.com/blog-entry-328.html



なかなか再現できなくてまだ詳しく検証できていませんが、おそらく「Ctrl」+クリックで頂点の開始点をセットする時、ペンタブがズレてしまうのが原因かもしれません。

削除できない頂点もこれと同じ原因かどうかはまだ未確認。



3D-Coat V4 Bata5が出たということでインストールしたついでにリトポを試してみました。

長い間使っていなかったので使い方をすっかり忘れて操作が思うようにできず、慣れるまでかなり苦労しました。

ZBrushでリトポするほうが快適に感じられるほどでしたが、完璧に使いこなせれば3D-Coatの方が間違いなく効率的でしょう。

とは言うものの、ZBrushのリトポもそれなりに使える事がわかりました。同じアプリ内で作業が完結できるのも重要なことですね。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://momonchan574.blog65.fc2.com/tb.php/575-177437a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。