Z-Notes

主にZBrush、3dsMax、3d-Coatなどの3DCGアプリに関する覚え書き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZSphereを使ったリトポの覚え書き

ZBrush 4R4で「QRemesher」や「Topology」ブラシによってリトポ機能が強化されましたが、実際に使ってみるとまだまだ未完成で思うように使えないという印象です。

というわけで、たまにしか使わないのですぐに忘れてしまう従来の「ZSphere」を使ったリトポの手順をすぐに思い出せるように覚書きしておきます。




「ZSphere」によるリトポ手順の例


リトポのベースとなるメッシュのロード。この例では「LightBox」の「Tool」メニューから「DemoHead.ZTL」をダブルクリックして、キャンバスにドローします。

Retopo-01b.jpg



「Edit」モードにし、「Tool」>「SubTool」サブパレットで「Append」ボタンをクリックして開いたポップアップ・ウィンドウから「ZShpere」を選択します。

Retopo-02b.jpg



「SubTool」サブパレットのSubToolリストで「ZSphere」を選択し、「Scale」モードに切り替えてキャンバスの「ZSphere」をクリックし上下にドラッグして大きさを調整します。

この時「Transp」や「Ghost」をオンにするとよりわかりやすくなります。

Retopo-03.jpg



「Tool」>「Topology」サブパレットの「Edit Topology」ボタンをオンにします。

Retopo-04.jpg



「Edit」と「Draw」がオンになっているのを確認し、メッシュにトポロジーを作成していきます。

(シンメトリーでリトポしたい場合はまず最初にシンメトリーをオンにしておきます。)



リトポの基本操作。


頂点の追加、ベースメッシュ上でクリック。


頂点の削除、削除したい頂点を「Alt」+クリック。


頂点の選択を解除、メッシュの外側の何も無いところをクリック。


頂点の開始点をセット、開始点としたい既存の頂点を「Ctrl」+クリック。


頂点の移動、「Move」モードで頂点をクリック&ドラッグ。ブラシサイズを大きくして複数の頂点を移動。ブラシサイズを大きくしても「原則として」全ての頂点はサーフェースにスナップします。


スケール、「Scale」モードで頂点またはエッジをクリックしてドラッグ。スケールの影響を受ける範囲はブラシサイズで設定。頂点は必ずしもサーフェースにスナップされません。


エッジの削除、削除したいエッジの中間をクリックして頂点を追加し、追加した頂点を「Alt」+クリックで削除。




リトポしたメッシュのプレビュー、メッシュに厚みをつける。


ある程度リトポ出来たら、「A」キーを押すか「Tool」>「Adaptive Skin」サブパレットで「Preview」ボタンをオンにして実際どのようにメッシュが張られているか見ます。

サーフェースに隠れたメッシュを見やすくするため「Transp」をオンにします。

再びリトポを続けるにはもう一度「A」キーを押すか「Preview」ボタンをオフにします。

Retopo-06b.jpg




メッシュの厚みは「Topology」サブパレットの「Skin Thickness」スライダーで設定します。結果を見るには上記のプレビューで行います。

スライダーを右に動かすとサーフェースの外側に、左に動かすとサーフェースの内側に厚みが付きます。

Retopo-07b.jpg




厚みをつけたメッシュのエッジには「Crease(折り目)」が適用され、ディバイドしても角が丸くなりません。

「Crease」を解除するには「Tool」>「Geometry」>「Crease」セクションの「UnCrease」か「UnCreaseAll」を使います。(ポリゴンメッシュに変換後)

Retopo-08b.jpg





「Density」と「PreSubdiv」、「Max Strip Length」


「Adaptive Skin」サブパレットの「Density」と「Topology」サブパレットの「PreSubdiv」はリトポしたメッシュをポリゴンメッシュにする時にメッシュをディバイドします。

実質的にこの2つは同じ効果があるので両方のスライダーを上げると効果が二重にかかってしまいます。結果はプレビューで見ることができます。

Retopo-09b.jpg



「Topology」サブパレットの「Max Strip Length」の設定によって、全てのエッジを手動で作成しなくてもZBrushによって4つ以上の頂点に自動的に面が作成されます。

ただし設定によっては下のように穴を開けたい部分にも面が作成されてしまいます。

Retopo-15b.jpg




また下のようにエッジを追加すると「Max Strip Length」をいくら上げても中央に面が作成されません、おそらくどのように面を張ればいいのか判断できなくなるからでしょう。

Retopo-16.jpg



メッシュに厚みをつける時、「Max Strip Length」を大きくしすぎていると不正な結果になる場合があります。上手く厚みが付けられない場合はこの値を確認しましょう。

Retopo-10b.jpg



リトポしたメッシュを通常のポリゴンメッシュに変換するには、「Tool」>「Adaptive Skin」>「Make Adaptive Skin」ボタンを使います。






既存のモデルをリトポする手順の例。(ちょっとややこしい。)


「Demohead.ZTL」を「LightBox」からキャンバスにロードします。この「Demohead.ZTL」はリトポをスナップさせるためのベースメッシュです。

Retopo-01b.jpg


「Tool」>「SubTool」サブパレットで「Append」をクリックして「ZSphere」を選択します。「Scale」モードで「ZSphere」をスケールします。

Retopo-03.jpg


「LightBox」で「Demohead.ZTL」をダブルクリックしてもう一度「Demohead.ZTL」をロードします。

Retopo-33b.jpg



「Tool」パレットで左上に「3」の数字がある「ZSphere」のアイコンをクリックしてToolを切り替えます。

Retopo-31.jpg



「SubTool」サブパレットで「ZSphere」サブツールが選択し、「Tool」>「Topology」サブパレットで「Select Topo」ボタンをクリックして、左上に「2」の数字がある「DemoHead」のアイコンをクリックします。

Retopo-30.jpg



「15,000頂点またはポリゴン以下のメッシュを選択してください。操作はキャンセルされました。」と警告ウィンドウが出ます。このモデルはポリゴン数が多すぎました。ポリゴン数の大きなものは読み込めません。

幸いこのモデルには下位のサブディビジョン・レベルがあるのでもっと低いレベルにして読み込みます。

Retopo-35.jpg


「Tool」パレットで左上に「2」の数字がある「DemoHead」のアイコンを再度クリックします。

Retopo-36.jpg



「Tool」>「Geometry」の「SDiv」スライダーを左一杯に動かし最も低いサブディビジョン・レベルにします。UI上部の「ActivePoints:」が「3,592」と表示されました。


Retopo-38.jpg



もう一度、左上に「3」の数字の「ZSphere」をクリックし、「SubTool」サブパレットで「ZSphere」を選択して再度「Select Topo」ボタンを押して左上に「2」の数字の「DemoHead」アイコンをクリックします。

Retopo-31.jpg

Retopo-30.jpg


今度はうまくメッシュが読み込めました。「SubTool」サブパレットでリスト最上部の「目」アイコンをオフにして見ましょう。

読み込まれたのは頂点とエッジのみであるのがわかります。「目」のアイコンをオンに戻します。

Retopo-40.jpg



「Tool」>「Topology」サブパレットで「Edit Toplogy」をオンにして、上記のリトポの基本操作を行なってこのメッシュを直接編集してリトポします。右の円の内側を適当にリトポしてみました。

Retopo-41.jpg



リトポのテクニックは特に、ハードサーフェースのモデリングを行う時に必要となるでしょう。


*Toolアイコン左上にある「2」や「3」の数字はそのToolを構成するSubToolの数です。

複数のSubToolからなるToolを「Append」や「Select Topo」などで読み込むと、サブツールリストの最上部にあるサブツールだけが読み込まれるようです。

リスト最上部以外のSubToolを読み込みたい場合はそのSubToolをリストの最上部に移動するしかないのかな?。

SubToolをリスト内で上下移動するには「Ctrl」+↑または↓キーを押します。




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://momonchan574.blog65.fc2.com/tb.php/574-fa95453f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。