Z-Notes

主にZBrush、3dsMax、3d-Coatなどの3DCGアプリに関する覚え書き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZBrushちょいメモ

使えるかどうかわからないようなTips

その1

「Alt」キーを押しながらUIのアイコンやボタンなどをクリックするとそれらが元々あったパレットがトレイにドックして展開される。

サブパレットまでは開かないがパレットを素早く開きたい時に使うと便利かも。

カスタマイズしたアイコンやスライダーなどにも同様に使える。

多分みんな知ってるとは思うけどねw。


例えば左トレイシェルフのブラシアイコンを「Alt」+クリックすると「Brush」パレットがトレイに展開される。

zbmemo-1.jpg




その2

クリップブラシでラッソ(投げ輪選択)が使える。

hss-04.jpg


これも使いどころがあるかどうかわからんけど、カーブだとコントロールが難しいかなって時に使えるかもw。

注意する点は投げ輪を描く時、反時計回りに描かないと上手くクリップされないってこと。

時計回りに描いてしまってもマウスボタンを離す時に「Alt」キーを押していれば上手くクリップされる。

ただし、詳しく検証してないので必ずしもうまくいくかどうかはわからない。

zbmemo-2.jpg




その3

これは2chやツイッターに書き込んだやつだけど、トポロジカルマスクで「Alt」キーを押しながらマウスを離すとマスクにブラーがかからない。

トポロジカルマスクを確定する時勝手にブラーがかかってしまうのだが、それを避ける事が出来る。

これも使えるかなぁ?


ひょっとしてどれもマニュアルに書いてあるかも?


追記>

その4

右クリックナビゲーションで「Local Transformations」をオンにした時のビューナビゲーションの中心は右クリック位置。

わたしは普段右クリックナビゲーション(「Preferences」>「Interface」>「RightClick Navigation」)を使っている。

これはビューを回転したりする時いちいちキャンバスの何も無いところからドラッグせずとも右ボタンを押せばモデルのサーフェース上からドラッグしてもビューの変更ができるので、スカルプトの中断を極力少なくすることが出来る。

ペンタブではサイドボタンを右クリックに設定して使う。

ただ注意しなければいけないのは、「Local Transformations」をオンにした時通常のナビゲーションでは最後のブラシ操作位置が回転の中心だが、これの場合右クリックした位置が回転の中心になることだ。

手の指をスカルプトしている時など誤ってボディー上で右クリックしてしまうとそこが回転の中心になってしまう。

また、たまに同じ右クリックを使う「クイックメニュー」が現れてわずらわしい、これをオフにする設定無いの?。



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://momonchan574.blog65.fc2.com/tb.php/547-6a1bffa3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。