Z-Notes

主にZBrush、3dsMax、3d-Coatなどの3DCGアプリに関する覚え書き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイナメッシュの解像度とオブジェクトのスケールの関係

ダイナメッシュを使っていて解像度を低くしようとしても出来なくなることって無いですか?

そういう時は「Tool」>「Deformation」の「Size」使うなどしてオブジェクトを縮小してみましょう。

ダイナメッシュの最大解像度である一辺1024のバウンディングボックスに占めるオブジェクトの比率が小さくなって解像度が下がります(リメッシュ時)。

これは2Dで絵を描く時、その同じピクセル解像度のキャンバスに大きく描くか小さく描くかで描いたものの解像度が変わるのと同じ理屈です。

ダイナメッシュはZBrushのボクセル技術(つまり3Dのキャンバスのようなもの)を元にしており同じようにスケールの影響を受けます。

ダイナメッシュで作ろうとする時に解像度がまちまちだったり、途中解像度が変わってしまう様な時はスケールが影響しているかもしれません。


そういえばボクセルの3D-Coatもスケールでメッシュの解像度が変わったような?


全身をメッシュで作る時できるだけ解像度を高くしたいなら、手足を伸ばしきった大の字のようなポーズではなく手足を折り曲げたポーズを取ったほうがいいかも?。

そうすればダイナメッシュのバウンディングボックス空間をより有効的に活用でき、全体的に高い解像度を維持できると思います。

試してないけど。

メッシュを拡大縮小するときはフロアーグリッドを表示してそれを目安にするといいでしょう。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://momonchan574.blog65.fc2.com/tb.php/543-990c99d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。