Z-Notes

主にZBrush、3dsMax、3d-Coatなどの3DCGアプリに関する覚え書き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZBrushの「Contact」機能

これは2つのサブツール間の位置関係を記憶させ、トランスポーズなどのポージングによる変形後の形状に一方のオブジェクトが追従するようにさせる機能です。

似たような機能を「Transpose Master」プラグインで行うことができますが、「Transpose Master」では追従させるオブジェクトも親オブジェクト同様に変形します。

これに対して「Contact」機能は位置合わせを行うだけで子オブジェクト自体に変形を加えません。

人体モデルに着せた服などのように身体のポージングに沿うように変形させたい場合は「Transpose Master」を使い、

時計やバックル、大きなボタンなど変形させたくないものには「Contact」を使うといいでしょう。

(英文PDFには「SubTool Master」となっているが間違いだよね?)

使い方

1、変形させるオブジェクト(親オブジェクト)に追従させたいオブジェクト(子オブジェクト)を「SubTool」リストから選択。

2、「Move」モードに切り替える。

3、子オブジェクトから親オブジェクトにアクションラインを引き「Tool」>「Contact」の「C1」ボタンをクリックする。

4、同様に繰り返し「C2」、「C3」のポイントを登録する。

5、アクションラインの引き方はできるだけ均等に正三角形の頂点を作るように引くのが理想的らしい。

(この頂点との相対関係が参照されるので、アクションラインはあまり遠くまで引かないほうがいいかもしれない。)

6、親オブジェクトを変形させて、子オブジェクトを「SubTool」から選択、「Contact」メニューの「Apply」をクリックする。

(親オブジェクトの変形はトランスポーズを用いるだけでなく、「Moveブラシ」などで変形させても良いようだ。)

7、追従させる度合いは「Strength」スライダーで設定する。「0」だと全く適用されず、「100」で100%。


今回は画像なし、簡単なので読めばわかるでしょう。



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://momonchan574.blog65.fc2.com/tb.php/540-113359fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。