Z-Notes

主にZBrush、3dsMax、3d-Coatなどの3DCGアプリに関する覚え書き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイナメッシュにスマート・リシンメトリーは使えないよね?

モデリングしている時、途中シンメトリーが切れたのに気づかずに作業を進めて、あっと思った事無いですか?

普通のポリゴンメッシュなら反対側にコピーしたい部分をマスクして「Smart Resym」(「Tool」>「Deformation」)するところだが、

たとえシンメトリーでモデリングしていても左右対称なトポロジーが保障されないダイナメッシュだとこれは使えない。

無理に使っても計算に時間がかかる上、悲惨な結果になるだけ。

ダイナメッシュのシンメトリーを再構築したいなら「Mirror And Weld」(「Tool」>「Geometry」)くらいしか選択肢はないようだ。

これは例えば「X軸」を中心にシンメトリーにしたい時、キャンバスに向かって軸原点の左側が右側にコピーされるような結果になる。

なので、右側にコピーしたい部分がある場合はまず初めに「Tool」>「Deformation」>「Mirror」で左右反転してから行う。



ただこの方法はマルチサブディビジョンレベルをもたないモデルにしか使えない。

「Freeze SubDivision Levels」(「Tool」>「Geometory」)を使ってできないでもないが、ちょっとややこしい手順になる。

フリーズを抜ける時、もとの形状をプロジェクションしようとするが、もともとコピーされる側にはディテールが無かったのでこれがうまくいかない。

おそらくコピーされた側にはいびつな段差ができると思う。

そこでオブジェクトをコピー(「SubTool」>「Dupulicate」)して、それをミラー反転し「Project All」でその部分のディテールを転写する。


もとから「Project All」でシンメトリーにしろよって話でそれはごもっともw、ただ、この方法でやるとトポロジーのシンメトリーも再構築されます。

これはダイナメッシュ(+サブディブジョンレベル)、での場合のお話です。

もっとスマートな方法あります?。

追記>そもそもマルティサブディビジョンレベルを持ったオブジェクトは「Deformation」の「Mirror」ができないね。

「Plugin」>「SubTool Master」で「SubTool」ボタンを押して「Mirror」で「Appened as new SubTool」と「X axis」にチェックして「OK」。

という方法でするしかないのかな?、なんか制約多くてめんどくさい。

てか、この方法だめじゃない?w。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://momonchan574.blog65.fc2.com/tb.php/537-f86922cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。