Z-Notes

主にZBrush、3dsMax、3d-Coatなどの3DCGアプリに関する覚え書き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZBrushのマスクについての覚え書き。

従来の「BlurMask」、「SharpenMask」に加え、最近のバージョンで「GrowMask」「ShrinkMask」が加わった。

mask_behavior_01.jpg



さて、これらはどのように働き、どのように使えばいいのだろう?ということで基本的な特徴の覚え書き。


「BlurMask」は以前からあるマスク機能。

マスクの境界にそって、内側と外側の両方にブラー(ぼかし)がかかる。(左が元のマスク)

(マスクにジャギーがあるのはポリゴン数が少ないためです、マスクはポリペイント同様、解像度はポリゴンの密度に依存します。)


mask_behavior_02.jpg




「GrowMask」は最近追加されたマスク機能。

マスクの境界にそって、外側だけにブラーがかかる。

mask_behavior_03.jpg




「ShrinkMask」は最近追加されたマスク機能。

マスクの境界にそって、内側にだけブラーがかかる。


mask_behavior_04.jpg




「SherpenMask」は以前からあるマスク機能。

マスクの境界をよりシャープにする。

mask_behavior_08.jpg




さて「GrowMask」と「ShrinkMask」だが本来Grow、Shrinkといえばそれぞれ、「増大する」、「縮小する」と言う意味がある。

だが上の結果を見ると、実際にはこの意味とは少し違うような結果にっている。



ではここで実験。


まずはじめに、現在あるマスクに「GrowMask」をかけてみる。

数回「GrowMask」ボタンを押し、マスクを外側にだけぼかしていく。

次に「SharpenMask」でぼやけた輪郭をシャープにしていくと、どうだろう?。

角に丸みが出たが、元のマスク範囲を増大したマスクが出来上がり、本来の「Grow」の意味と同じ結果となった。

mask_behavior_05.jpg




ではつづけて、「ShrinkMask」を現在あるマスクにかけてみる。

数回「ShrinkMask」ボタンを押し、マスクを内側にだけぼかしていく。

同様に「SharpenMask」でぼやけた輪郭をシャープにしていくと、上と同様に「Shrink」の意味と同じ結果となった。


mask_behavior_06.jpg



では以前からある「BlurMask」でぼかした後、「SharpenMask」でシャープにしていくと、

角に丸みが出てしまったが、ほとんどマスク範囲に変化はない。

mask_behavior_07.jpg


また「SharpenMask」は「BlurMask」の結果をもとに戻すものではなく、このように元のマスクとは違う結果になる。

なので「BlurMask」を元に戻すには「Ctrl+Z」でブラー操作そのものを元に戻します。当然他マスクも同様。


「GrowMask」、「ShrinkMask」には単に境界の外側だけ、または内側だけにブラーをかける機能だけでなく、

「SharpenMask」と組み合わせて、本来の意味と同じ効果を持たせることも出来るのだ。

これって役に立つ?

こんなに回りくどいことしないで、しかも角が丸くならないGrowとShrinkがほしいね。


注)以前はマスクの描画されたオブジェクトを「Ctrl」+クリックするとBlurMaskがかかりましたが、現在のバージョンではShrinkMaskになっています。「Ctrl+Alt」+クリックでSharpenMaskは変わりません。多分w。








コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://momonchan574.blog65.fc2.com/tb.php/534-2673e0d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。