Z-Notes

主にZBrush、3dsMax、3d-Coatなどの3DCGアプリに関する覚え書き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZB4R2bの覚え書き(その6)

MicroMesh(マイクロメッシュ)の基礎とチュートリアル

ZBrush4R2bの新機能マニュアル「What's new」を参考にチュートリアルを書いてみた。かなりZBrush初心者向けにくどくどと書いています。
(ZBrushの基本操作や名称等についてはすでに知っている前提で。)

初心者以外の人はZCentralにあるチュートリアルムービーを見るだけで十分かと。

ひょっとして間違った所があるかもしれませんがあらかじめご了承下さい。



MicroMeshは「BPR」レンダリングの新機能で、3Dオブジェクトの個々のポリゴンまたはFiberMeshで作成された一本一本のファイバージオメトリに別の3Dオブジェクトをレンダリング時にリプレース(置き換える)する機能です。

レンダリングの機能なので結果が実際にジオメトリーとして生成されるわけではありません。

MicroMeshには少なくとも2つオブジェクトが必要で、どちらもPolyMesh3Dである必要があります。

それはMicroMeshそれ自身とMicroMeshに置き換えられるポリゴンを持った3Dオブジェクトまたは一本一本がそれに置き換えられるファイバーを持ったFiberMesh(これらをサポートメッシュと言うらしい)です。

DynaMeshやZSphereなどは使えませんが、PolyMesh3Dに変換することで使用出来ます。

(PolyMesh3Dへの変換は「Tool」>「Make PolyMesh3d」)

またプリミティブ3DオブジェクトはMicroMeshとして選択されると自動的にPolyMesh3Dへと変換されます。

MicroMeshのサポートメッシュは単一のモデルまたはひとつのサブツールのどちらかを指定できます。

いくつかのサブツールにMicroMeshを持たせることは出来ますが、MicroMesh自身は複数のサブツールを持てません。

複数のサブツールを持ったモデルをMicroMeshとして使いたいなら、まず最初にそれらをマージする必要があります。



チュートリアル

サポートメッシュに「PolyMesh3D」を場合と「FiberMesh」を使う場合とに分けてチュートリアルを進めてみます。

まず、サポートメッシュに「PolyMesh3D」である「PolySphere」を使う場合。

1、ZBrush4R2bを起動します。「Tool」パレット最上部の「Load Tool」をクリックし「ZTools」フォルダーから「PolySphere.ZTL」を選択する。

micro-tut-01.jpg


これがサポートメッシュになります。

(「Load Tool」ボタンを押した時「ZTools」フォルダーを開かない時は「Preference」>「Misc」>「Use ZFolders」をオンにします。)

micro-tut-02.jpg


(この設定を保存したいなら「Preference」>「Config」>「Store Config」をクリックします。)

2、キャンバスをドラッグして「PolySphere」を1つ表示し、「Edit」ボタンをオン(または「T」キー)にして「Edit」モードに入る。

micro-tut-03.jpg

micro-tut-04.jpg



(2つ以上のPolySphereを表示してしまったら「Edit」モードで「Ctrl+N」で余分なPolySphereをクリアします。)


3、キャンバス右のシェルフにある「PolyF」ボタン(または「Shift+F」)を押して、ポリフレームを表示。

micro-tut-06.jpg


4、「Tool」>「Geometry」で「SDiv」スライダーを左一杯に下げる。同じサブパレット内の下にある「Reconstruct Subdiv」を2回クリックし、さらに低いサブディビジョン・レベルを作ります。

(ここではMicroMeshのレンダリング結果をよりわかりやすくするためポリゴン数を下げてみました。)

micro-tut-05.jpg

micro-tut-07.jpg


5、「Tool」>「SubTool」サブパレットで「Rename」ボタンを押し、「support-mesh」と入力して「Enter」キーを押しこのサブツール名を変更します。

micro-tut-08.jpg


6、サブディビジョン・レベルが一番低いこと(「SDiv」=1)を確認し、「Tool」>「Display Properties」>「Select MicroMesh」ボタンを押します。

7、選択ウィンドウが開いたら「3D Meshes」カテゴリーから「Cone3D」を選択します。

micro-tut-09.jpg


「MicroMeshは「Draw MicroMesh」ボタンがオンの時レンダリングされる」というような意味の警告ウィンドウが開いたら「OK」を押します。

(このオブジェクトがMicroMeshとなります。)

8、「PolyF」ボタンをもう一度クリックしてポリフレーム表示をオフにする。「Render」>「Render Properties」>「Draw MicroMesh」をクリックし、オンにします。

(「Draw MicroMesh」をオンにすると「BPR」でMicroMeshのレンダリングが有効になります。)

micro-tut-10.jpg

micro-tut-11.jpg


9、右シェルフの一番上にある「BPR」ボタンを押して(または「Shift+R」)レンダリングします。

micro-tut-15.jpg



10、レンダリングが終了するとサポートメッシュのポリゴンすべてがMicroMeshにリプレース(置き換え)されました。

元のポリゴンがストレッチしているとMicroMeshはそれに応じてストレッチします。

micro-tut-16.jpg



(サポートメッシュの「SDiv」スライダーを1つずつ上げてレンダリングしてみましょう。ポリゴン数が多くなるに連れてレンダリングに時間がかかるのがわかります。
サポートメッシュに変形を加えてレンダリングし、リプレースされたMicroMeshがどのように変化するか見てみましょう。
MicroMeshを他のオブジェクトに変更してみましょう。)



MicroMeshの向きを変えてみる。

1、サポートメッシュを前の設定に戻す。

2、「Tool」パレットのアイコンをクリックして選択ウィンドウから「Cone3D」を選択。

micro-tut-17.jpg


3、「Tool」>「Preview」サブパレットを開き、プレビューウィンドウをドラッグしてオブジェクトの向きを変更する。

4、「Store」ボタンを押してこの向きをこのオブジェクトのデフォルトにします。

micro-tut-12.jpg


5、「SubTool」パレットで「Cone3D」を前記の方法でこのツールの名前を「Micro-cone」に変更します。

6、「Tool」パレットのアイコンをクリックして「support-mesh」を選択するか、ツールスタックの「support-mesh」アイコンをクリックして選択します。

micro-tut-13.jpg


7、「Tool」>「Display Properties」>「Select MicroMesh」をクリックしてさっきリネームした「Micro-cone」を選択。

8、「BPR」でレンダリングします。

9、MicroMeshの向きが変わりました。

micro-tut-14.jpg



「Preview」」で「Micro-cone」を他の方向に回転したり、サポートメッシュのサブディビジョンレベルを変更したりしてレンダリングしてみましょう。

(「Preview」ウィンドウで「Shift」キーを押しながらドラッグすると90度ごとに回転を制限できます。)

(「Preview」ウィンドウをクリックすると表示を更新します。)

>注、途中サブツールの名前を変更するのはわかりやすくするためで、必ずしも必要ではありません。

続けてFiberMesh編を書くつもりだったが、思ったより大変だったので後日にします(需要あれば・・・)。チュートリアル書くのって大変なんだね。
ちょっと細かく説明しすぎたのかも?。



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://momonchan574.blog65.fc2.com/tb.php/523-cdb02511
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。