Z-Notes

主にZBrush、3dsMax、3d-Coatなどの3DCGアプリに関する覚え書き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZB4R2bアップデート来たよ

とりあえずインストール、アクティベーションまですんなり完了。

今回はR2にR2bが上書きされるインストール形式。旧バージョンと混在してインストールされる事はなくなった。
追加した自作ブラシやUI設定、プロジェクトなどR2の環境やデータなどもそのまま引き継がれている。

前に書いた訳わからんDynaMeshの仕様は今見たところ改良されている様子はないようだ。

注目のヘアー機能だが、Toolパレットに「Fiber Mesh」サブパレットが追加されている。
「Preview」ボタンを押すとオブジェクトにヘアーが生成されるがこれはあくまでもプレビューで実際にジオメトリーとして生成されているわけではない。
オブジェクトにマスクするとその部分だけヘアーが生成される。

「Fiber Mesh」サブパレットのパラメータをいじって見よう。

主なパラメータ
 
「Max Fibers」はヘアーの最大数。ヘアー密度と言ったところだろうか。

「ByMask」マスクのボケ部分のどの範囲までヘアーを生やすかを決める。

「ByArea」ヘアーのポリゴンの大きさ。

「Length」ヘアーの長さ

「Coverage」ヘアーの太さ

「Flare」スライダーの右へ行くほど先細り、左で先太り。

注)Manualまだ読んでないので正確ではない、あくまでもいじった印象。

「Accept」ボタンを押すと「Fast Preview」モードをオンにするか聞いてくる。
動作を軽くするためには「オン」にするべきなので「Yes」と押す。
ヘアーが実際のジオメトリーとして生成されサブツールリストに追加される。

この状態でブラシによるヘアーのスタイリングが可能。ヘアーをスタイリングするためのブラシが多数追加されている。

これからマニュアルじっくり読むよ。

追記)この記事書き終えた時、オークからメールきた。もうアクティベーション終わってるし。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://momonchan574.blog65.fc2.com/tb.php/512-a56d83c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。