Z-Notes

主にZBrush、3dsMax、3d-Coatなどの3DCGアプリに関する覚え書き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZBrush4 R2の覚え書き(その6)

翻訳続き、注意は以前と同じです。

メモ帳からペーストすると何故か変なところに改行が入って困る。



「Curve」モード


新しい「Curve」モードはカーブを描いてから、それにそってストロークをスイープします。
選択されたオプションにより、カープをメッシュ上で変形したり移動したりを可能にします。

カーブを作成すると、ブラシパレットにある各アイテムにカーブが適用されます。これはカープの真下のメッシュに直接変形を適用したり、カーブ設定を使ってメッシュを変形させることを可能にします。
これはまたポリペイントでも使用出来ます。

カーブに組み込まれた変形は、いつでも更新することが可能です。
ZBrushはストロークの結果を更新して、デザインを微調整するための再調整を可能にします。

一旦カーブが描画されると、新しいCurveブラシに切り替えたり、同じカーブを使って違う結果を出すことが出来るようになります。
しかしながら、カーブはCurveモードが有効の時にのみ編集が可能であり、Curveモードが設定されていないブラシに切り替えると編集はできなくなることを覚えておいてください。

ZBrush4R2にはCurveモードがすでに有効にされた様々なカスタムブラシが含まれています。
これらはメッシュに複製パターンや、DynaMeshと一緒に使うために他のメッシュをインサートするといったような効果を可能にします。
これらのサンプルブラシは自分でカスタム・カーブブラシを作る時の良い出発点として使うことができ、またこの「Stroke」設定により、導入された素晴らしい潜在能力をよりよく理解するのに役立ちます。

Curveモードを有効にしたブラシはブラシパレットか「LightBox」>「Brush」>「Curves」フォルダーにあります。

ノート

「Curve」モードは「LazyMouse」のスプラインやパスのオプションとは違います。それら他の設定は、ブラシの動きに沿ってスプラインやパスを制限またはスナップしますが、「Curve」モードではカーブの長さに沿ってブラシに適用します。


Curveの作成と操作

Curveモードのストロークを作成するには、まず、Curveモードのモディファイアを適用したいブラシを選択します。それから、「Stroke」>「Curve Mode」を有効にします。
必要なら、「Curve Mode」スイッチの下にある設定を変更します。

モデルのサーフェース上でクリック・アンド・ドラッグしストロークを描画します。カーブ内に作られるポイントの数は「Max Point」スライダーの設定を使って変更が可能です。

ノート
カーブは(アクティブであろうがなかろうが)モデルの上から描き始めなければなりませんが、ドキュメントの何も無いところへもそのまま描き続けることができます。


マウスボタンのリリース、あるいはタブレットペンをリフトすると、現在のブラシに対応するストロークが自動的に生成され、カーブの両端に小さな円が現れます。
それらはカーブをコントロールするためのマニピュレーターで、TransPoseラインにある円に似ています。
マウスをクリックせずに、その周辺で動かすと、カーソルの動きにカーブが引きつけられる。またその時カーソルの色も変化すします。
このカーブの変形と移動は「Curve」モード設定にある「Bend」と「Snap」オプションによっても、影響されます。

カーブ周辺でマウスを動かしていると、ブラシアイコンの色がデフォルトの赤からシアン(青緑)に変化するのに気がつくでしょう。このシアンの色はカーブを操作するためにカーソルが使われていることと、カーブを変形させるためのサイズとフォールオフの設定が使われていることを示しています。
ストロークのタイプはどんなカーブを操作するにも「DragDot」にするべきでしょう。
小さなカーソル円は少ない変形をカーブに適用し、大きなカーソル円は大きな変形をカーブに適用します。
小さな変形をさせるためには「Bend」オプションを有効にしなければなりません。
カーソルの設定を変更するには、「Stroke」パレットの「Curce Edit Radius」と「Focal Shift」スライダー値を変更します。

ノート

「Curve Edit」や「Curve Focal Shift」値を変更するために「Stroke」パレットをいちいち開きたくないなら、カーブの上にカーソルがある時に、該当するホットキー(ショートカットキー)を使います(「S」キーで「Curve Edit Radius」、「O」キーで「Curve Edit Focal Shift」)。
あるいは、右クリックまたは「Space」キーでZBrushのクイックメニューを使います。

描画済みのカーブからカーソルを離した後で、また別のカーブを描くことができます。
また、「Stroke」パレットにある「Delete」ボタンをクリックすることで、描画されたカーブを削除することも出来ます。
モデルの表面を素早くクリックすることでも削除できます。

新しいカーブを描くと、前のカーブは見えなくなり、新しいカーブに置き換わります。
これの例外は、「Curve Surface」ブラシを使う時です。それぞれのカーブはサーフェースをカーブからカーブへとつなげていくために使われます。
「Curve」モードは、それを解除するか、「Curve」モードが有効になっていないブラシを選択するまで、アクティブのままです。もし「Curve」モードが解除された後、再び有効にされれば、最も新しく作られたカーブをもう一度見ることができます。

すべてのカーブは(たとえそれをサーフェースから離れてスイープしたくても)3Dモデル上で描画を開始しなければなりません。
しかしながら、カーブ作成後に、カーブのどちらかの端をクリックしてから「Space」キーを押したままにすることができます。これは、スクリーンあるいはキャンバスから見てカーブを移動することを可能にします。

(訳者注、カーブを描き終えた時、マウスボタンを離さず押したまま、「Space」キーを押しながらドラッグすると、カーブ全体を移動できる。また「Bend」をオフにしても同じようにカーブを移動できる。)

これはモデルからカーブを移動して離すことを可能することを意味します。それはインサートブラシと組み合わせて3Dジオメトリーを簡単に作ることを可能にします。
DynaMeshで「Curve」モードとインサートブラシを組み合わせることで、なんの制限もなく製作するための技術的制約から開放してくれます。


もし、マスクやスムーズブラシにカーブを適用したいなら、「Curve」モードに入っている時に、それらに割り当てられたキー(CTRLあるいはShif)を押しながらすることで可能です。
違うマスクやスムーズブラシにそれらのオプションを適用したいなら、まず最初にそのブラシを選択しなければなりません。それからブラシ設定へのアクセスを得るため、ショートカットキー(CRTLやShift)を、押したままにします。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://momonchan574.blog65.fc2.com/tb.php/477-54ac8848
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。