Z-Notes

主にZBrush、3dsMax、3d-Coatなどの3DCGアプリに関する覚え書き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZBrush4 R2の覚え書き(その1)

マニュアル読みながらちょっこっとメモ。

まずはインサート・メッシュ機能

これはインサートブラシ(ブラシ名の頭にInsertが付くブラシ、ショートカットは「B、I」)を使ってメッシュに他のメッシュをくっつけたり、くり抜いたりする機能。

「Ghost Transparency」をオンにするとインサートするメッシュがどれだけめり込んでいるのかよく分かる。
これをオンにしていると、インサートブラシで描画中に自動的にインサートするメッシュ以外が透明表示される。

「ALT」キーを押しながらインサートブラシで描画すると、「ネガティブ」になりインサートブラシのメッシュでくり抜く事ができる。「ネガティブ」なインサートメッシュは「白色」のポリグループカラーで表示される。(描画途中で「ALT」を押すのではなく「ALT」を押しながら描画、ポリグループが白でないのは「ネガティブ」ではない。)

このときインサートブラシで描画される向きも反転する(InsertHandなどで試すとわかりやすい)。
ただし、実際にくり抜かれるのはリメッシュした後だ。

「Polyframe」表示にするとインサートされたメッシュが別のポリグループになっていることが色の違いによってわかる。

インサートブラシで描画中、「Space」キーを押すと位置の移動ができる。移動はサーフェースでなくスクリーンやキャンバスに対して行われる。

インサートブラシでサーフェース上をドラッグするとインサートメッシュがインサート軸に対して不均等に拡大縮小される。
「Shift」キーを押しながらドラッグすると比率を保ったまま拡大縮小される。
(拡大縮小はなかなか思い通りにするのは難しいようだ。)

マウスボタンをリリースするとインサートブラシが確定される。

確定されたインサートメッシュの位置や大きさ、角度を変えたいときは「Move」「Scale」「Rotate」モードで行う。
各モードに切り替え後、「CTRL」キーを押しながら変更したいインサートメッシュをクリックするとそのポリグループ以外がマスクされる。編集はトランスポーズ・アクションラインで行う。

インサートメッシュの編集が終わったら「Draw」モードに戻り、「CTRL」+ドラッグを二回キャンバスの何も無いところで行う。
一度目のドラッグはマスクの解除、二度目のドラッグでDynaMeshのリメッシュ機能が実行される。
この結果インサートメッシュと元の形状が一体となり、また「ネガティブ」なインサートメッシュではくり抜かれる。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://momonchan574.blog65.fc2.com/tb.php/471-fbb664f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。