Z-Notes

主にZBrush、3dsMax、3d-Coatなどの3DCGアプリに関する覚え書き。

Spotlightの研究(その4)

続いて「Spot radius」「Spot Pin」「Clone」機能をざっくりと翻訳。かなり適当w。


「Spot Radius(スポットラディウス)」

スポットは懐中電灯が壁を照らしたときに見られるような円形の光に非常に良く似ています。
ペイントモードの時のスポットは現在カーソルが上にある(一つあるいは複数の)画像の特定の部分を見えるようにします。

ディフォルトではスポット半径は0にセットされています、それはペイントモードに入った時、現在Spotlightにロードされているすべての画像が見えるようになっているということを意味します。
 
スポット半径のサイズを上げるには、「Spot radius」アイコンを時計回りにドラッグします。反時計回りにドラッグすると、スポット半径を0まで減少させることが出来ます。
「Spot radius」はモデル上でペイントまたはスカルプトする画像の量をコントロールしません。
それらは「Draw Size」、「RGB Intensity」、「Z Intensity」によってコントロールされます。
Spotlightは単にペイントやスカルプトをしようとする画像の一部をプレビューさせるだけです。
「Draw Size」を「Spot radius」より大きくすると、「Spot radius」は自動的にブラシサイズまで大きくなることを覚えておいてください。

「Spot Pin(スポットピン)」

「Spot Pin」はストロークの開始地点にあなたが使いたい画像の部分を選択したり制限したりさせます。
使用される画像の部分はSpotlightダイアルの中心です。

簡単に言えば、顔の写真で「目」の上にSpotlightダイアルの中心があったとすると、モデルのいろいろな場所に「目」を次々と描くことが出来るということです。


---翻訳以上。

補足)
「Spot radius」「Spot Pin」は「Opacity」同様、単にロードされたイメージの表示に関する設定で、それ自体はペイントに影響しない。ペイントの強度等は「RGB Intensity」や「Z Intensity」、「Draw size」で設定する。

Spotlightダイヤル中央の円の色は使用するUIカラーによって変化します(デフォルトカラーでオレンジ)。

「Spot radius」で半径を設定し、ペイントモードに入る(「Z」キー)と、Spotlightダイヤルで設定した半径(または「Draw size」のどちらか大きいほう)だけ、カーソル位置の画像が表示される。そのままペイントするとモデルに画像が元の位置のままに投影される。

Spotlight_test_05.jpg



「Spot Pin」をクリックして、ペイントモードに入ると(「Z」キー)と、画像の元の位置と関係なくカーソル位置にSpotlightダイヤルの中心にある画像が表示され、そのままどこにでもペイント出来る。カーソル位置の画像の表示範囲は「Spot radius」で設定した半径(または「Draw size」のどちらか大きいほう)になる。

Spotlight_test_06.jpg



「Clone(クローン)」

「Clone」ブラシはSpotlightにロードされた画像の一部をその画像自身または他の画像の上にコピー出来るようにします。
「Clone」ブラシをアクティブにするには、Spotlightダイアルの「Clone」アイコンをクリックします。
「Clone」ブラシの強度は「RGB Intensity」スライダーによって影響されます。

画像はSpotlightダイアルの中にあるオレンジの円が置かれたソースエリアからクローンされます。
「Clone」ブラシが選択されているとき、Spotlightにロードされた画像の上をクリックしペイントすると、ソース位置からクローンを始めます。

Spotlightにある他のイメージ上に別のテクスチャをクローンするには、編集したい画像をクリックし、「Clone」アイコンをクリックします。オレンジの円を使ってSpotlightダイアルをクローンしたいテクスチャの真上に移動します(他のテクスチャをクリックして選択しないようしてください。)。ブラシを編集やペイントしたい画像に戻しペイントします。

以下「Sumadge」と同様 

---翻訳以上。


補足)「Clone」と「Spot Pin」は似たような効果があるようですね。前者は(複数あるいは単独の)画像の編集に使い、後者は画像をモデルにペイントするときに使います。

画像の上に他の画像をクローンする場合の手順。

1,編集、ペイントを行う画像をクリックして選択(選択された画像は赤い枠で囲まれる)。
2,Spotlightダイヤルの「Clone」アイコンをクリック。
3,Spotlightダイヤル中央の円内をドラッグし他の画像のクローンしたい部分に移動する。
4,編集、ペイントしたい画像に戻ってペイントする。この時一気にペイントすること。ペイントを止めると、またSpotlightの中心から描きはじめることになる。
5,「RGB Intensity」下げて同様にペイントしてみた。

解像度は互いの画像の解像度の低い方に依存されます。

Spotlight_test_04.jpg




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://momonchan574.blog65.fc2.com/tb.php/451-2424955e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad