Z-Notes

主にZBrush、3dsMax、3d-Coatなどの3DCGアプリに関する覚え書き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Spotlightの研究(その3)

同じく、「Smudge」機能の所だけざっくりと翻訳してみた。
スマッジとは要するに「ぼかし」の事みたいです。

えーと書き忘れてましたが、Spotlightダイアルのアイコンに筆の絵が書かれているものはブラシを使って画像の一部に効果を与えることが出来ます。



「Smudge(スマッジ)」

「Smudge」ブラシはSpotlightにロードされた画像の一部をぼかすことを可能にします。

Spotlightダイアルの「Smudge」アイコンをクリックして「Smudge」ブラシをアクティブにします。
「Smudge」ブラシの強度は「RGB Intensity」スライダーに作用されます。

「Smudge」ブラシが選択されているときはブラシモードに入っています。この時、Spotlightにロードされた画像をクリックし、ペイントすることでスマッジすることが出来ます。

また、「Smudge」ブラシを使って画面全体を一度にぼかすことも出来ます。
画像をぼかすには、まずSpotlightダイアルの中央のオレンジの円が正しく画像の上にあるか確認します。

ボックス(箱型?)・ブラーを作り出すには、「Smudge」アイコンをクリックして、Spotlightダイアルを目的の強度まで時計回りの方向に一気にドラッグします(かなり意訳)。

より強いラディウス(放射状半径?)・ブラーを作り出すには、ほんの少しSpotlightダイアルを時計回りにドラッグしてマウスボタンを放します。目的の強度が得られるまでそれを数回繰り返してください(かなり意訳)。

「Restore」ブラシによって部分的なスマッジやぼかされた画像をもとに戻すことが出来ます。
(Restoreブラシの項を参照)

以下「Nudge」と同様。


---翻訳ここまで。

つうか、ZBrush4の日本語マニュアルはよ買えって事やねw。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://momonchan574.blog65.fc2.com/tb.php/450-2e2042f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。