Z-Notes

主にZBrush、3dsMax、3d-Coatなどの3DCGアプリに関する覚え書き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3dsMaxの「HairとFur」をもっと知る(その5)

間違ってましたw。
ヘアスタイリングで衝突判定させるにはスタイリング時に「衝突を切り替え」ボタンを押せばいいだけでした。
ただし「ダイナミクス」ロールアウトで衝突オブジェクトを少なくとも一つリストに追加させなければなりません。




前回同様衝突判定用のオブジェクトをリストに追加して、ブラシでヘアスタイリングし、レンダリングしてみました。

max_hair-21.jpg

コントロールしきれずにボディーに突き刺さる毛もいくつかありますが、少なくともガイドラインは衝突を避けてくれます。
この方法だと毛先をカールしたりも可能です。今回は両側の髪の毛で衝突判定させてみました。

マニュアルにはボタンのオン・オフとかチェックマークとかちょっと意味不明な事が書いてましたが、このボタンを押してもとくに表示が反転したりとかしないようです。
なので、オンかオフかよくわかりませんが、ガイドが衝突オブジェクトを避けてくれればオン状態ということでいいのかと思いますよw。

マニュアルはちゃんと読まないとダメだね。


追記)片側だけ髪をカールさせてみた。波が綺麗に揃ってくれてないが、これはこれでなかなかいい感じじゃない?。

max_hair-22.jpg

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://momonchan574.blog65.fc2.com/tb.php/381-08ebec3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。