Z-Notes

主にZBrush、3dsMax、3d-Coatなどの3DCGアプリに関する覚え書き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまさらなSmoothのTips

Sculptrisでスムーズをかけているとき、このようにどうしてもエッジが出てなめらかにならないことがある。





ワイヤーフレーム表示にしてみると、メッシュの密度が極端に違う部分の境目で起こることがわかる。
これはメッシュの密度が低いとスムーズがより強くかかり、メッシュ密度が高いとスムーズがかかりにくくなるSculptrisの仕様によるものだ。

smooth-02b.jpg


こういう場合はREDUCE BRUSHを使って、メッシュの密度差が目立たないよう均一にしてからスムーズをかけます。
REDUCE BRUSHを使ってメッシュ密度を下げる場合、密度低いところから密度の高い方へほうきで掃くようにブラシを使うとうまくいきます。

smooth-03b.jpg


均一になってからスムーズをかけると、ほらキレイw。
こういうところに注意してモデリングしていくとなめらかなサーフェースを保てます。

密度を下げて均一にするか、密度を上げて均一にするかはその時々で使い分けましょう。例えばディテールを失いたくないところでは一旦密度を上げて均一にしてからスムーズし、その後で部分的に密度を下げるとか。

smooth-04b.jpg


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://momonchan574.blog65.fc2.com/tb.php/366-26900380
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。