Z-Notes

主にZBrush、3dsMax、3d-Coatなどの3DCGアプリに関する覚え書き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3D-Coatでリトポ

しようと思ったが、完全にやり方忘れてしまっていた。
と言うか実際はリトポするメッシュをインポートする段階で間違っていたのでリトポ出来なかっただけなのだが。

Sculptrisなど他のソフトで作ったメッシュをリトポする場合「ファイル」>「インポート」>「参照メッシュ」からインポートする。



リトポモードのコマンドメニューにある「インポート」、「エクスポート」は3D-Coatで作成したリトポ・メッシュをエクスポートしたり、そのメッシュを再度インポートして編集するためのものだ。

retopo-02.jpg

正しくインポートさえ出来ればリトポ・ツールでメッシュを作成するのはすごく簡単だ。


少し細かくリトポしすぎた感じ、もう少しざっくりやったほうが後でMaxでポリゴン編集するには楽そうだ。多分大幅にメッシュを作り直す事になりそう。

retopo-3.jpg

3D-Coatのリトポ機能もいいけど、3dsMaxのフリーフォーム機能もなんか凄い。今度試してみようw。

http://www.youtube.com/watch?v=GlNTICPEQBY&feature=related

3D-CoatでもカクつくようなSculptrisからインポートした200万ポリゴン(トライアングル)超のメッシュも3dsMaxだとビューポートでグリグリ動かせる。
これぐらいのハイポリゴンをワイヤーフレーム表示させると3D-Coatではほとんど反応しなくなるが、Maxだとさほど問題ない。すごいぞMax。
ま、一番スムーズそうなのはZBrushなんだけどね。

SculptrisでエクスポートしたOBJファイルを3dsMaxでインポートするときエラーになる場合は、一旦ZBrushで取り込んでZBrushからエクスポートすればうまくいくようだ。


最後にツイッター情報だが、開発中の3D-Coatのダイナミック・サブディビジョン(いわゆるSculptris的な)のスクリーンショットらしい。

http://farsthary.wordpress.com/2011/02/08/first-baby-steps-of-liveclay-feature-in-3d-coat/

LiveClayってのがこの機能の名称らしいね。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://momonchan574.blog65.fc2.com/tb.php/365-1c2298e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。