Z-Notes

主にZBrush、3dsMax、3d-Coatなどの3DCGアプリに関する覚え書き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3D-CoatからMaxにインポート

3D-Coatの公式サイトにあるフリーチュートリアルの「Texturing」にある動画「Direct Painting 1 - The Basics」をやってみたのでそれの覚え書き。

動画ではペイントされたオブジェクトをLightWaveでインポートしているが、持ってないので3dsMaxでやってみた。

なんかノーマルマップが変?。





マテリアルエディタを見るとノーマルマップのビットマップノードが直接「Default Standard」ノードの「バンプ」ソケットにワイヤリングされている。

norm_max02.jpg



左のリストから「法線バンプ」を赤いワイヤー上にドラッグして追加する。

norm_max03.jpg



「Default Standard」ノードの「マップ」ロールアウトでバンプの値を上げて再度レンダリング。

norm_max04.jpg



よくなったようだ。ついでにディスプレイスメントも試してみる。
レンダリング設定でMentalrayレンダーを選択し「Default Standard」ノードの「mental rayコネクション」ロールアウトでディスプレイスメントのロックアイコンをクリックしてロックを解除。

スレートマテリアルエディタ左のリストの「mental ray」から「HightMap Displacemant」ノードをドラッグ。ビットマップノードをドラッグして追加し、3D-Coatからエクスポートしたディスプレイスメント・マップを選択する。
図のようにワイヤリングしてレンダリングする。

norm_max05.jpg



ちょっとわかりにくいがちゃんとディスプレイスメントされている。これは「HightMap Displacemant」ノードをダブルクリックして、パラメータの「Minimum Hight」と「Maximum Hight」の値を色々調整してみたものだが、ディスプレイスメントの強度を調整するのはどうすればいいのかまだよくわかっていないw。

norm_max06.jpg



マテリアルエディタで「ハードウェアマップをビューポートに表示」アイコンをオンにするとスペキュラーマップがビューポートに反映される。ハードウェアマップを使わないとオブジェクト全体にスペキュラーがかかってしまう。

norm_max07.jpg



メンタルレイでないほうのディスプレイスも試してみたがオブジェクト全体がディスプレイスされて変形してしまった。これは今後の研究課題だ。



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://momonchan574.blog65.fc2.com/tb.php/357-2931a103
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。