Z-Notes

主にZBrush、3dsMax、3d-Coatなどの3DCGアプリに関する覚え書き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャンペーン価格につられて3D-coat買った

日本の代理店から買いました。
指定された3D-coatのダウンロードサイトに行くといくつかのタイプのインストーラがダウンロードできるようになっている、よくわからないまま、64bitのCUDA版をダウンロードしてインストールした。CUDA版はビデオカードがCUDAに対応してないと意味ないらしい。

インストールの途中、DirectX 9.0cのインストールを要求される。DirectX 11入ってればいいんじゃないの?と思ったが、ダメみたいw。DirectX 9.0cインストールして無事3D-coatのインストールが完了。

CUDA版はCUDAドライバーとCUDA Toolkitをインストールしないと起動しない。
CUDAドライバーはNVIDAのディスプレイドライバーと一緒にインストールされているようなので、今回は CUDA Toolkitだけインストールした。

3D-coatが起動したらライセンスの登録、なんかクリップボードを監視してるらしく、代理店から来たメールのシリアルナンバーをコピーしたら勝手に入力フォームにペーストされて、なんか訳わからんうちに登録完了したような感じだ。一応、3D-coatは動いてるのでライセンスの登録はちゃんと出来ているのだろうw。ZBrushにしてもそうだが、あとでライセンス情報確認できないのは何とかして欲しいかなと思う。

触ってみた第一印象だが、この手のスカルプト系モデラーってどれもUIが変態チックな気がするねw。日本語化されてはいるが、何をどうすればいいのか一目では全くわからない。

とりあえず、うちのサイドスイッチを取り外したタブレットペンでも扱えるように、ビューの操作系だけショートカットをSculptrisに合わせて変更してみた。

ブラシの深さと半径の調整も「Z」キー+ドラッグに変えてみたが、ちょっと動作が不安定。タブレットの設定が悪いのかショートカットがコンフリクトしてるのかも。
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://momonchan574.blog65.fc2.com/tb.php/316-ad8e1d87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。