Z-Notes

主にZBrush、3dsMax、3d-Coatなどの3DCGアプリに関する覚え書き。

What's newの翻訳続き、その2

まずはお約束事、参考程度に、自己責任でお願いします。


III ZBrush4、何が新しいの?

ZBrush4にはあなたの創造性を増大し、驚くような芸術を作り出すイマジネーションを開放するための多くの新機能と大きな改良が盛り込まれています。
これらの改良点のいくつかはUIに現れませんが、あなたはスカルプトしているとき、それらに気がつくでしょう。

1、主な新機能

ZBrushはデジタルアートで何が可能かということの限界を絶えず推し進めています。バージョン4は主要なワークフローを増強するこの流れを続けるため、3.5ですでに導入されたものを強化します。これらの強化はあなたの作業を早め、それまでよりももっとシームレスなワークフローをもたらします。以下のいくつかのアイテムはバージョン3.5で最初に紹介され、またMacからアップグレードする人に提供されますが、その他のものはZBrush4の新しい機能です。(なんとか意味が通るように訳したが・・・汗)


ZProjects

・ロードされた全てのツール、ドキュメントサイズ、ライト、マテリアル、タイムラインそしてレンダリング設定をワンクリックでセーブする。

・ZBrush4はさらにあなたが新機能を発見するのを助けるサンプル・プロジェクトも含んでいます。


Best Preview Render

・シャドー、アンビエントオクルージョン、ファイバー、SSSそして透明度をアドバンスド・アンチエイリアシングでレンダリング

・シャドー、カラー、アンビエントオクルージョン、マスクとデプスを個別のマップとしてマルチパスレンダリング

・静止画またはアニメーションのレンダリング


Project presentation

・ただ単純なターンテーブルやアニメーションよりもっと良くするためのTimeline(タイムライン)

・Keyframe managment(キーフレーム・マネジメント):コピー、移動など。

・手動によるアニメーション同期のための色の拍動を伴ったオーディオサポート(?)

・素晴らしい移行のためのフェード・イン/アウトとキーフレームのカット

・キーフレームのイーズ・イン/アウト

・‫アニメーションをエクスポート・インポートするためのMDDアニメーションのファイル形式をサポート

・アニメーション可能なレイヤー、Tools、ZSphere、背景及びその他。


Concept creation(コンセプトの作成)

・自由な形式で作成するためのShadow Box

・ストレッチしない押出しをするためのMove Elastic Brush

・もっと精度よく調整された結果のコントロールをするための改良されたReproject(?)

・素早くシーンをセットアップするためのMannequin(マネキン)


・プロポーションとサイズを測るのに役立つTransPoseユニット


Hard Sculpting(ハードスカルプト)

・あなたのモデルをスライスするClipブラシ

・ClipブラシのためのBy RadiusとBy Polygroupモード。

・ラジアルシンメトリーと組み合わされ、オリジナルなスカルプトのベースを作るShadow Box。

・新しいストローク:Circle、Square、Curves。


Major brushes(主要なブラシ)


・Match Maker(マッチメーカー)は、他の3Dモデルにあなたのメッシュをそわせて変形させるためのパーフェクトなブラシです。

・Decoブラシ群は、ターンや、スピンでパターンの作成をパーフェクトにします。

・Clay Buildはラフなスカルプトのためのあなたの新しいClayブラシとなるでしょう。

・Move Elastic、Move Topo、Move Partsは制約なしにストレッチと変形を行ないます。


Strokes

・Rollモードはロールディスタンスを改良しました。

・新しいlasso(投げ輪)/marquee(矩形)選択モード、中心による円、真円、マスキングと非表示のためのCurve。

・非表示、マスクとスライスのための矩形選択、投げわ選択とCircleストロークはシンメトリーで動作します。


Pipeline and Producivity(パイプラインと生産性)


・Autodesk Maya(2008、2009、2010、2011)、Autodesk 3DSMax(2009、2010、2011)、Luxology modo 401(Sp2からSp5)、Cinema4D R11とR11.5とGoZ

・追加のソフトウェアをGoZに統合するためのGoZ SKD

・すべてのSubToolを爆発させるXposeは、隠されたものや衝撃のアニメーション効果を作成するのを容易にします。

・複合的なモデルでの作業をもっと柔軟にするSubToolDuplicateとInsert、List All+ABC、Marge All。

・SoloモードはSubToolリストで可視設定されてるものを除いて、素早く孤立させます。

3D Painting and Materials(3Dペイントとマテリアル)

・もっと自由な3DペイントのためのPolyPaintレイヤー。

・素早いテクスチャの編集と投影によるペイントに使われるSpotLight

・PolyPaintでアンチエリアスされた透明度のための、Gradient transparency。

・新しいシェーダー:あなたのマテリアルにもっと効果を与えるFast OverlayとFrenel Overlay。

・よりリアルなマテリアルのための新しいFresnel(フレネル)と、SSS設定!。

・より良い肌の鏡面反射効果のためにディフォルトシェダーに加えられた、新しいBlinn Specular(ブリン鏡面反射)。

・マテリアル間の多数のブレンド・モード:Add(加算)、Subtract(減算)、difference(差の絶対値)、darken(比較暗)、などなど


Misc(その他)

・直接接合されない閉じたエリアを保護するためのトポロジー自動マスク。

・トポロジーをストレッチさせずモデルをストレッチするためのElasiticity(弾性)設定。


・スカルプト中にアルファを回転させるOrientation設定。

・ブラシにさらなる生産性をあたえるTileアルファ。

・Non-Squareアルファがサポートされ、歪を回避します。

・SubToolをサポートするためのContact:複数のSubTool間で定義された接点を管理するときにそれらを変形する。(?)

・Relax Deformation:形状に変化を与えずトポロジーをリラックスさせる。

・Inflate Balloon DeformationはRelaxDeformationのバリエーション。

・Deformationはスライダーを動かしたときにリアルタイムで、あなたにフィードバックします。

(Download Centerから入手可能な)プラグイン

・Decimation Masterは64bitに対応

・3D PrintExporterでエキスポートするときオリジナルのサイズを維持。

・UVMasterですべてのSubToolを一度にUnwrap

・ノーマル、ディスプレースメント、アンビエントオクルージョンなどを含む多くのマップの作成を早く簡単にするための新しいMulti-mapエクスポーター。

・SubToolMasterとTransPoseMasterへのさまざまな追加機能。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://momonchan574.blog65.fc2.com/tb.php/307-785b73db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad