Z-Notes

主にZBrush、3dsMax、3d-Coatなどの3DCGアプリに関する覚え書き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sculptrisで顔を作る

何度か失敗を重ね、ようやく納得出来るかなと思う顔ができたかな?。
失敗したのはソフトのせいでなく、自分の未熟さのせいですw。
Sculptrisは失敗して何度か作り直しても苦にならないくらい、使うのが楽しいソフトですね。

こう言うスカルプト系のモデラーは盛り上げてはスムーズ、削ったり彫ったりしてはスムーズを繰り返して、
表面を滑らかにしながら作っていくのがいいみたいです。
要するに実際に粘土で作るのと同じ感覚ですかね。

またSculptrisはブラシを使うことによってその部分のメッシュを自動的に細分割するので、
ときどきREDUCE BRUSHを使って細かくなりすぎた部分のメッシュ密度を下げてやるといいですね。
ただあまりメッシュ密度を下げすぎるとディテールも一緒に飛んでしまうので注意。


※Rotate、Scaleツールはブラシモードでブラシの中心が回転・拡大縮小の基点、Globalモードでドラッグの始点が回転・拡大縮小の基点になる。
GrabツールはGlobalモードで移動ツールのように使える。



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://momonchan574.blog65.fc2.com/tb.php/278-c9161fae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。