Z-Notes

主にZBrush、3dsMax、3d-Coatなどの3DCGアプリに関する覚え書き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZBrush4R8 マニュアルの目次

いつも翻訳を書き込むソフトから目次を抽出してみたが、このブログ内では先頭のTABとか空白が無視されてインデントできないので見にくくなっているかもしれません。(一応努力だけはしてみたw。)


ZBrush 4R8 新機能ドキュメント

ようこそ

ZBrushのMac OS と Windows版

ZBrush4R8について
> 1. ライブブーリアン(Live Boolean)
> 2. ベクター・ディスプレースメント・メッシュ(Vector Displacement Mesh
> 3. ギズモ3D(Gizmo 3D)
> 4. アルファ3D(Alpha 3D)
> 5. レジーマウス2.0
> 6 3D テキストとシェープクリエーター.
> 7. 多言語対応

インストール、アップグレード、アクティベーション

> I システムの必要条件

> II インストールとアクティベーション

> III アップグレード

> IV 自動アップデート
>> 1. 自動アップデートの操作

> V アクティベーション手順の概要

>VI ディアクティベーション

>VII アクティベーションのトラブルシューティング

>VIII アンイストール

>IX サポート登録

>X 下位互換性


ブーリアンオペレーション

>I ブーリアンオペレーションについての重要な注意点

>>II ブーリアンプロセス
>>>1. ブーリアン操作の線形性
>>>2. スタートグループ

>>III データのサポートと保護
>>> サポートされるデータ
>>> サポートされないデータ
>>> 追加されるデータ
>>> 削除されるデータ

>>IV ライブブーリアンモード
>>>1. ライブブーリアンモードを有効にする
>>>2. 最終的なメッシュを作るためのライブブーリアンモード

>>V 基本的なブーリアンプロセス

>>VI 高度なブーリアン操作法

>>VII パフォーマンス
>>>1.ライブブーリアンのレンダリング
>>>2. 最終モデルの作成

>>VIII ブーリアン結果のトポロジー問題とエラー
>>>1. 同一面上にあるポリゴン面をチェックする
>>>2. エラーのチェック

>>IX ブーリアンの主な機能
>>>ライブブーリアン
>>>「Make Boolean Mesh」
>>>「DSDiv」ダイナミックサブディビジョン

>>X ジオメトリーとトポロジーの分析機能
>>>Show Coplanar
>>>Inside (Show Coplanar)
>>>Solo (Show Coplanar)
>>>Previous / Next (Show Coplanar)
>>>Show Issues
>>>Inside (Show Issues)
>>>Solo (Show Issues)
>>>Previous / Next (Show Issues)

>>XI ブーリアンの詳細設定



メッシュビュワー


>I メッシュビュワーを使う

> II メッシュビュワーの詳細設定


3Dメッシュやマルチアルファからのアルファ

>I 新たにマルチアルファを作る

>II ブラシの管理



アルファ3Dとベクターディスプレースメッシュ

>I アルファ3Dブラシ
>>1. 新しいアルファ3Dブラシを作る

> II ブラシの管理

> III アルファ3DとVDMに関する一般的な助言



ギズモ3D

>I 「Gizmo 3D」の基本操作

>II Gizmo3Dのトポロジーマスキング

> III 追加のGizmo 3D操作
>>1. トポロジーを押し出す
>>2. エッジループをインサートする
>>3. Gizmo 3Dを使ってメッシュを複製する
>>4. ネガティブメッシュを複製する
>>5. 複製とメッシュインサートブラシで作業する

>IV 「Gizmo 3D」オペレーター

>>1. カスタマイズ(デフォーマーとパラメトリックプリミティブ)
>>2. 「Sticky」モード
>> 3. 「Unmasked Center Mesh」
>> 4. 「Mesh to Axis」
>> 5. 「Reset Mesh Orientation」
>> 6. 「Lock/Unlock」
>> 7. 「Multiple SubTools」

> V 「Gizmo 3D」と複数のサブツール

> VI 「Gizmo 3D」のパラメトリックメッシュ

>VII デフォーマー

>>1. デフォーマーを操作する

>> 2. デフォーマーの一覧
>>> 「Bend Arc」
>>> 「Bend Curve」
>>> 「Deformer」
>>> 「Extender」
>>> 「Flatten」
>>> 「Multi Slice」
>>> 「Taper」
>>> 「Twist」


「Text 3D & Vactor Shapes」

> I テキストの入力または「SVG」ファイルをもとにした3Dシェープの作成

> II 品質とパフォーマンス
>> 1. 「Adaptive」モード

>III フォントの管理

> IV 「SVG」ファイルを使う

> V 「Text 3D and Vector Shapes」機能


Lazy Mouse 2

> I ストロークの連続性

> II きれいにストロークを重ねる

> III クリック・トゥ・クリックで直線

> IV ストロークのポーズ


複数言語のサポート


その他の追加と変更

>> 1. ディフォルトのユーザーインターフェースの変更
>> 2. UIのサイズ変更
>> 3. ホームページ・ニュース・システム
>> 4. アルファ
>> 5. ブラシ
>> 6. 「Deformation」
>> 7. マスク
>> 8. Zスフィア
>> 9. ダイナメッシュ
>> 10. サブツール
>> 11. GoZ
>> 12. ライトボックス
>> 13. その他

謝辞


>以上です


スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。