Z-Notes

主にZBrush、3dsMax、3d-Coatなどの3DCGアプリに関する覚え書き。

ちょっとしたTips的な何か

Tipsというほどでもない覚書。(何か記事を書かないとそろそろまた広告が出そうなので。)


1.「Polish」スライダーにくっついている丸いボタンはなんだ?

知ってる人も多いと思うし、いまさらなんだけど、たまに忘れるので覚書しておく。

このボタン、ラジオボタンに似てるけどちょっと違うし、どっちがオンかオフかわからんのよね。

正式な名称もいまいちよくわからんので、一応ここでは状態によって中丸、外丸と仮に呼んで見ることにした。

中丸のときポリッシュするとエッジ部分が縮んで丸くなる。同時に全体的にも少し小さくなるようだ。

外丸のときポリッシュすると体積を減らさないようにポリッシュされるため角の部分がちょっと盛り上がった感じになる。

これは「DynaMesh」の「Blur」スライダー横の丸ボタンでも同様の効果があるようだ。

詳しく調べていないが中丸だとブラーによって体積が小さくなりディテールもかなり甘くなるが、外丸だとそうでもない感じだ。

「Blur」スライダーの設定によって、エッジの立ったハードサーフェスモデルをダイナメッシュすると、角がいい感じにフィレットされたりするので便利。もちろんエッジを立てたままにしたい場合はブラーを「0」にする(完璧じゃないけどね)。

circle-button-01.png





2.カプセル形状を作る

cupselshape-08.png


こういうのは「Sphereinder」プリミティブで一発にできそうに思ったんだが、やってみるとうまくいかない。

両端を完全な半円形にしようとすると完全な球になってしまうので、最初から球でやるのが手っ取り早いw。

cupselshape-00.png


まず球プリミティブの追加だが、いきなり「Append」「Insert」でサブツールに追加してしまうと同時にポリメッシュに変換されてしまうので「Initialize」でパラメータの変更ができない。

初期設定でそのまま使うには問題ないが設定を変えたい場合は「Tool」パレットのでかいアイコン(なんて言うんだコレ?)をクリックしたウィンドウからプリミティブを選択する。

cupselshape-01.png


「Align Z」でZ軸が極を通るように向きを変えたら「Make PolyMesh3D」をクリックしてプリミティブをポリメッシュに変換する。

cupselshape-02b.png


サブツールに追加したい場合はポリメッシュに変換しなくてもそのまま「Append」「Insert」でOKだ。かってに変換してくれる。

(「Initialize」でパラメータを変更すると「Sphere 3D_1」のように最後にアンダーバーと数字がついた名前のツールが追加されるのでそれを「Append 」「Insert」で選択する。


ポリメッシュに変換された球は中心を通るエッジループを残して片側をマスクする。

cupselshape-03.png


「Move」モードに切り替えてtランスポーズをZ軸に水平ドローしたら、中心の内側サークルを「Ctrl+Shift+ドラッグ」する。

これはトランスポーズでポリゴンの押し出しをする機能だが、押出だけならZModelerでやっても可能だろう。

しかしこのようにエッジを追加しながら形状を中央から伸ばすようにするのはZModelerできるだろうか?(調べてないので分からん?)

これによって中央のエッジループがコピーされるとと同時に移動しながらオリジナルのエッジループとの間にポリゴンが追加される。

これで円柱の両端が全く同じ半球形状で閉じられた形のものになり、カプセル形状ができる。

cupselshape-04.png

ダイナメッシュするならこのままでもいいが引き伸ばされた中央部分にエッジループを追加したい場合はZModelerのエッジアクションで追加してもいい。

cupselshape-05.png


またこういうやり方もできるだろう。「1」によるリピート機能を使うやり方だ。

上と同様マスクしてトランスポースで押し出しだが、押し出しる量を小さくしてそいれをリピートすることにする。

cupselshape-06.png


「1」キーを使ったリピート機能は最後のストローク(キャンバスのドラッグ操作)をリピートするだけでブラシ効果や編集機能そのものをリピートするものではない。

だから押出し操作の後(カメラ操作などで)キャンバス内をドラッグしてしまうとそれがリピートされてしまうので注意が必要だ。

cupselshape-07.png


他にも色々やり方あるだろうけどとりあえずこんなの考えてみました。




次のページ

FC2Ad