Z-Notes

主にZBrush、3dsMax、3d-Coatなどの3DCGアプリに関する覚え書き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZBrushのクラッシュとデータのリカバリー

最近知ったのでちょっと覚え書きしておきます。

ZBrushで作業中にクラッシュした場合、それまでのデータが復元できる事があります。

その場合、ZBrushが落ちる前に、次のようなウィンドウが出ます。(出なくても復元できるかもしれません。)

recover-01.jpg


「異常終了:リカバリーされたファイルは「Recovered Files」ディレクトリに保存され、ZBrushを再起動した時に利用可能になります。」と言うようなことが書いてあります。


ZBrushを再起動したら「LightBox」のZBrushメニューから「Recovered Files」フォルダーをダブルクリックすると、2.5Dの「Recovered_Document.ZBR」と3Dの「Recovered_Tool.ZTL」の2つのリカバリーファイルが保存されています。

recover-02.jpg


3DのToolをロードするには「Recovered_Tool.ZTL」アイコンをダブルクリックしてから、キャンバスをドローします。


うちの環境だけかもしれませんが「LightBox」の「New」と言うメニューをクリックすると確実にZBrushが落ちるようです。

この「New」が一体どういう機能か知りませんが、リカバリーのテストをするには便利ですねw。



スポンサーサイト
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。