Z-Notes

主にZBrush、3dsMax、3d-Coatなどの3DCGアプリに関する覚え書き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タブレットのクリップペンを自分で直す

タブレットのペンが筆圧を感知しなくなった。いや、正しくは感度が良すぎて軽く触れただけで100%近くの筆圧になる。しばらくの間はハードな筆圧設定でなんとか使えていたんだが、とうとう全く筆圧を調節できなくなってしまった。いよいよ寿命かと思って買い替えを覚悟しながら、いろいろググったら自分で修理できそうな方法が書いてあるサイトを見つけた。

http://pastime-blog.jugem.jp/?eid=1

この情報を元に100均で精密ドライバーを買ってきて、ダメもとでやってみた。なかなか調節がむずかしく、完璧には調整できなかったが、なんとか使えるレベルまで筆圧を調節することができた。もっと時間を掛けて調整すれば完璧にできるのかもしれないし、根本的に解決するにはやっぱり買い替えないといけないかもだが、とりあえずは使えるようになった。

前の記事でOSをWindows7に替えてからハードに筆圧を設定しないと筆圧感知うまく出来ないと書いたが、原因はタブレットのペンにあったのかも?ということですかね。

筆圧が普通に使えればSculptrisでのスカルプトでも、もっと微妙なニュアンスを表現できるのだなと、あらためて気づいたw。

かなり適当な男性のモデリング。筆圧がかなり使えるようになったので唇や指の細かいシワなんかも作りこんでみた。比較的凸凹してるので女性の体よりどうしてもポリゴンは多めになりますね。


スポンサーサイト
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。