Z-Notes

主にZBrush、3dsMax、3d-Coatなどの3DCGアプリに関する覚え書き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サウンドの問題が解決?

オンボードのRealtek HD Audioのドライバーを使うと一定時間ごとに1秒程度音が途切れるという問題が解決したかも?

今まで当面の解決策としてRealtekドライバーをアインストールして使っていましたが、Flash Playerプラグインを使った動画サイトの音が一定時間後に途切れる現象が頻発するようになってそのたびにブラウザを再起動するのが面倒になってきました。

そこでもう一度Realtekのドライバーをインストールし直しましたが、やはり音が途切れるのは以前と変わらず。

試しにBIOSも更新してみましたが改善されません。


もう一度設定を見なおしてみると一つ見落としているのがありました、Realtek HD オーディオマネージャの「バーチャルサラウンド」です。

これがオンになっているとたとえオーディオマネージャを停止させてもハードから一定時間ごとにアクセスがあるようで、その時に音が途切れてしまうようです。

sound-problem-01.png


これをオフにして念のためオーディオマネージャも停止させ、スタートアップで起動しないように設定しました。

これで完璧に問題が解決したかどうかわかりませんがとりあえず今のところ音が途切れることは無くなっているようです。


スポンサーサイト

Windows7 操作性の改善

SSDへのWindows7のクリーンインストールが終わったので設定等を前の環境に近づけていきます。

とりあえず行った主な設定の変更や不具合の解決法を覚書としてまとめてみました。


・PDFのサムネイル表示

64bit版Windowsではこれが表示されないため非常に不便になっています。

これはWindows10でも改善されていないようです。

これを表示させる方法は次のようなサイトが参考になるでしょう。

http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/1304/16/news038.html

http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20140805/1059404/?P=3


その他にPDFを開くソフトを「Adobe Reader(Acrobat)」以外のサムネイル表示できるものにするのも一つの方法ですね。



・エクスプローラーのツールバーにボタンを追加する

Windows7になってエクスプローラーのツールバーには「削除」ボタンがなくて非常に不便なのでこれを表示させる方法です。

これは下のサイトが詳しいでしょう。

http://news.mynavi.jp/column/windows/114/


使用するフォルダータイプごとに設定が必要でかなり面倒だしレジストリをいじるのでお手軽では無いです。

また安全のため変更前にレジストリをバックアップしておきます。

とりあえず追加するのは「削除」ボタンくらいにしてます、あんまりいろいろ表示させても使いにくそうなので。

それにこの方法でレジストリを編集しても表示されないボタンもあるようで、なんかよくわかりませんw。

上のリンクの後半に説明のある「アクセス許可」を取る手順の説明はわかりやすいですね。

こういうのは自力では絶対わかりませんw。


これもWindows10にアップグレードすればリボンインターフェースが使えてエクスプローラーも便利そうではありますが。



・Aeroのスナップ起動を停止

ウィンドウをドラッグしてると勝手にリサイズされてしまう機能を無効にします。

下のサイトを参考にしました。

http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/1249win7snap/win7snap.html



・「Tablet PC Input Service」の停止

特定のソフトでペンタブを使うときに挙動がおかしくなったりした時このサービスを停止すると改善する場合がある。

やり方

恒久的に停止にしたい場合は

スタートボタンを押し検索欄に「msconfig」と入力して「enter」キーを押す(「Windowsキー+R」で「ファイル名を指定して実行」からでも可能)。

開いた「システム構成」ウィンドウの「サービス」タブで「Tablet PC Input Service」を見つけチェックを外す。

「OK」を押して再起動。


一時的に停止にしたい場合は

タスクマネージャーを起動し「サービス」タブで「TabletInputService」を右クリックして「サービスの停止」を選択するだけ。

この場合再起動するとサービスは再開されます。

他に「コンピューターの管理」で停止する方法などいくつかやり方があるようです。



・Windows起動時にキーボードやマウスが一時的に反応しない

この現象はUSBドライバーに原因があることがわかりドライバーのインストールで解決しました。


・オンボードのRealtek HD Audioで音が途切れる問題

ブラウザやメディアプレイヤーなど動画などを再生していると音声が途中何度か1、2秒ほど途切れてしまう。

これはネットで検索すると結構あるみたいでしかも解決方法も様々。

ネットの情報などを参考にここで行ったものを並べてみると

・Asusからマザボ用のRealtekサウンドドライバーで異なるバージョンを試す


・Realtekのサイトから直接ダウンロードしたドライバーを使う


・Realtekオーディオマネージャーの設定変更


オプションの「通知領域にアイコンを表示」をオフ

「デバイスを挿した時のポップアップダイアログを有効にします」をオフ

その他設定を変更して試す

オーディオマネージャーの停止


・Windowsのサウンド設定を変更

「音の明瞭化」で「すべての音の明瞭化設定を無効にする」をオン


・USB接続のデバイスなどを外す


いろいろやったが結局解決できず、最後の手段でRealtekのドライバーのアンインストールで解決しました。

繋げているのは普通のステレオスピーカーなのでWindows標準のドライバーだけでも特に音質が悪くなるということも無いようです。

オンボードサウンド機能を十分に利用できないかも知れないけど、音が途切れるのは気になりだすと我慢できないので。

多分スピーカー端子の接続がすこし不安定なのを敏感に検出しすぎているのが原因かもしれません。


ただRealtekのドライバーをアンインストールするとFlash Playerで動画やライブ配信コンテンツなどを見てる時に一定時間経つと音が出なくなる現象が起こります。

これはFlashだけなのでHTML5やSilverlightなどの動画コンテンツには影響しませんし、保存した動画を再生しても起こりません。

ブラウザを再起動すれば音が復活しますがしばらくするとまた途切れます。

Flashの設定やサウンドの設定を変更してもダメでした。


これはもう根本的に解決するにはサウンドカードを増設するしか方法が無いかもしれません。

あるいはFlashなんてそのうち無くなりそうなのでそれまで我慢するかWindows10にアップグレードするかですかね。



・デバイスマネージャーに2つの「不明なデバイス」の表示

一つは「WPD FileSyestem Volume Driver」に関するものですが、これはPCケースのSDカードスロットのドライブレターを削除したのが原因らしいです。

ドライブレターを設定したら直りました。

ドライブレターを整理する時、よくわからないドライブがあったんでドライブレターを「削除」したらどうなるんだろうとやってみたんですが、こんなところに結果が出るとは思いませんでしたw。

ドライブレターを削除したらOSが勝手に適当なドライブレターをつけると思っていたけど違ってました。

ただ「削除」を何に使うのか、使うとどうなるのかネットで探しても詳しい情報は見つからないんよね。


もう一つは「Microsoft ACPI-Compliant System」、これはちょっと悩みましたが「デバイスマネージャー」でドライバーをインストールすれば解消しました。

これはバッテリーの電源管理をするものらしいですがデスクトップPCに必要か?というかそもそもなんで外れたのかが不明です。

でもこの解決方法が正しかったのかどうかは実際のところわかりません。ネットで見つけた方法の一つをやってみただけなので。



ピクソからディアクティベーション処理が完了したとメールが来たのでZBrushのアクティベーションを行いました。

ディアクティベーションでマシンを指定する時、Surface Pro2にあった2つのアクティベーションを選択したんですが、メールが来た時点でサーフェースのZBrushはまだ使える状態でした。

ちょっとすっきりしないのでこれは自分でディアクティベーションすることにしましたが、そもそもこれをPCでアクティベーションする時にやっておけばよかったんじゃないか?と後で気付いたw。


さて起動して使おうかと思って気がついた事が。

前の環境でディアクティベーションとアンインストールを行う時に自分で作ったデータや環境設定等のファイルを待避するのをすっかり忘れていました。

一瞬あせったけど、幸いアンインストール時にはディフォルトでインストールしたファイル以外削除されないらしく自作のファイルはそのまま前のHDDに残っていました。

まあ実際にはほとんどインストールフォルダーにデータを保存することはなくファイルのショートカットから他のドライブに保存させているんで、万一削除されてても影響はそんに無いとは思いますが。

おかげでショートカットやUI等のカスタマイズもほぼすんなり移行できました。

ZBrushの起動時間はLightBoxが表示されるまでで6~7秒程度です。



一応必要なソフトのインストールとOS設定などが終わったので以前使っていたHDDのシステムパーティションを削除してPC本体に戻して取り付けました。

ちょっと困ったのはそれまでこのHDDをUSBに繋いで使っていたのでPCに取り付けたら起動時に「自動再生」ウィンドウを出すようになったことです。

これは「コントロールパネル」>「自動再生」で「すべての規定値をリセットする」>「保存」で解決しましたが、これが正解かどうかわかりません。


またPCのシャットダウンで毎回「更新プログラムをインストールしてからシャットダウン」が表示されるようになりました。

Windows Updateを調べてもインストールが必要な更新プログラムはありません。

これは下のサイトの「ベストアンサー」の解説が参考になりました。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14121597154


あともう一つ

Asusからマザボ関連のアップデートなどを入手してアップデートを試みましたがインストーラがうまく起動しません。

コマンドプロンプトのウィンドウが表示されただけで全く反応無しです。

アップデータにはRead me等の説明が一切ないので対処の仕方がわかりませんでしたがサブフォルダーのインストーラーを起動したらインストールできました。

で、ここでのインストールの失敗が影響したのか起動時に「AsusSetup log.iniis lost」というエラーがいくつも出るようになりました。

これは下の解説が参考になりました。

http://michisugara.jp/archives/2013/asussetup_error.html



ハードの増設とかOSのインストールとか何度もやって来ましたが、今回ほど多くのトラブルに見舞われたことはありません。

10年分のトラブルを一度に経験した感じですw。まあおかげでいろいろ勉強にはなりましたが。

ここらあたりでシステムイメージをバックアップしておきますかね?。



Win7のクリーンインストールでHDDをSSDに換装

これも結構トラブったw。とにかく何度やり直してもインストールが途中で止まってしまうのだ。

エラーの表示も出ないので原因がわからなかったが、どうやらAHCIドライバーが入っていないのが理由だったらしい。

とりあえずIDEモードで起動してインストールしたら成功した。

Windowsをインストールしたあとでレジストリを編集してからAHCIモードに戻しました。

Windowsのインストール時にドライバーのインストールも可能みたいだけどちょっと面倒そうなのでやめましたw。


で、今は前と同じような操作性に戻すべく設定等を調整しているところだが、これも結構大変なんよねw。

なんか一発で設定のいいところだけをエクスポートして復元できるような機能があればいいのに。

しかし、もうそろそろWindows7は古くなったのかもしれんね。8にするつもりはないがこの機会に10にしても良かったかもね。

リボンインターフェースのエクスプローラーはやっぱり便利そう。


CG系のソフトはどれも一応すんなりインストールやアクティベーションできたがZBrushだけは失敗してしまったw。

ZBrushのアクティベーション方法はちょっと他のソフトと比べてややこしくて問題があるね。

とにかく自分で登録情報を事前に確認したり管理したりできないので失敗するまで状況がわからない。

失敗した場合、休日を挟んだタイミングだと使えるようになるまで時間がかかるのも問題だな。


そこでひとつ気づいたことだが、ZBrushをアクティベーションする時の「Description of Computer」で入力する名前はマシンごとに一つに決めておけ、というのが重要かもしれん。

多分この名前もアクティベーション権を管理する重要な要素になるみたいなのでアクティベーションごとにむやみにこの名前を変更すると違うマシンにインストールしたとみなされるみたいなのだ。

4つ以上のマシンにインストールしようとするとアクティベーションに失敗するからね。
自分の場合アクティベーションの解除に失敗したのか結構な数のアクティベーション情報がリストにあって、中には覚えていないような名前をつけたものまであった。

これらを全部きれいにクリアできればいいんだが選択できたのはSurface Pro2にインストールしたと思われる2つだけだった。

思われるというのはそのうちの一つの名前は全く覚えていないからw。



さてSSDの体感速度だがたしかに速いと感じます。

Windowsの起動時間は3分の1程度になっているかも、まあログイン時にパスワードの入力が反応しない事があって引っかかるけども…w。

それからバックグラウンドで動くソフトなんかの読み込みが完了して実際に使えるまでの時間がほとんど無いに等しいね。

まだクリーンインストールしたばかりの綺麗な状態だからというのもあるんだろうけど。

以前だと1分以上かかる3dsMaxの起動が15秒くらいでPhotoshopは数秒という感じです。ZBrushもそこそこ起動時間がかかるのでそれも改善が期待できそう。



HDDからSSDへの換装失敗w

いやこんなに手こずるとは思わんかったw。

もう何をどうやってもSSDで起動させることはできない。

なんとかスタートアップ修復まで成功させたけど、なぜかSSDではWindowsが起動しません。

最初はWindows標準のシステムイメージのバックアップと復元でやろうとしたけどうまくいかずフリーソフトの「EaseUS Todo Backup Free」でクローン。

しかし結局これもダメでした。何が原因か全くわかりませんw。

あきらめてWindowsをクリーンインストールすることにしました。

もともとクリーンインストールするつもりだったけど、クローンのほうが手っ取り早そうなのでやってみたが、甘かったw。

疲れたのでもうちょっと涼しくなってからやります。


ノートンインターネットセキュリティ

使用期限が来たのでアンインストールしようとしたら「使用期限残り30日」という表示が出た。

なんだろう?と思い一旦アンインストールを中止してしばらく使い続けているが、普通にウィルス定義ファイルの更新に当たるライブアップデートも行われているようだ。

期限切れの表示は出るが「保護されています」の表示も出ていてほとんど制限無しで使えているように見える。

ひょっとしてこれは使用期限が過ぎると自動的にあと30日間は体験版として扱われるということなのかな?

安全性にいささか不安もあるけど、このまましばらく様子を見てみようと思う。


次回から「ESET」に乗り換え予定で、すでに製品も購入済み。

こちらもなかなか評判が良さそうだし、何より3年版でノートンの1年版とほとんど同じ値段、しかも5台までインストール可能(ノートンは3台まで)でかなりお得そう。

まず体験版をインストールしてその期限が過ぎたら製品版でそのまま継続という使い方はできるのかな?

体験版としてこのノートンがあと30日使えるということなら、「ESET」の体験版と合わせてほぼ2ヶ月は製品版を使わなくて済みそうだが…。



次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。