Z-Notes

主にZBrush、3dsMax、3d-Coatなどの3DCGアプリに関する覚え書き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3D-Coatのオンラインマニュアルを

翻訳してみた。(3D-Coat Online Documentation)ちなみに翻訳の公開はしません。

一応これが公式では一番新しいマニュアルになると思うがどんどん開発が進んでいるのでどれだけ使える内容のものなのかわからない。

わかりにくいバージョン4のものに比べたら普通にわかりやすい英文だと思うが、ZBrushのマニュアルのほうがわかりやすい感じ。あくまでも自分にとってですが。

ちょうど「General」章が終わったところ。当然だが実際に使いながらやってるわけではないのでここまで読んでも使い方は全然わからないw。

ZBrushのオンラインマニュアルもそうだがここも重くてちょっとイライラするね。


スポンサーサイト

3D-Coatのマニュアル

3D-Coatの日本語マニュアルって某所で言ってたから見に行ったらただの自動翻訳だったw。

3D-Coat Online Documentation

じゃあ英語を翻訳してやろうかと思ったけど書いてる人がネイティブじゃないのかZBrushのマニュアルと比べて非常にわかりにくくて断念したw。

英語というよりかなり日本語の作文力が必要そうでちょっと自分には無理っぽいw。

しかもサイトの動作がなんか重い?。

3D-Coatの新しいオートリトポ

正しいガイドの例

スパイラルの問題は解決したそうだけど、これ見るとなんか密度が不均一でZRemesherっぽいリトポ結果になっててちょっとがっかり。

ガイドもところどころ上手く機能してなさそうだし、しかもガイド描き方に制約多すぎない?。

ガイドは交差させるな、近づけ過ぎるな、近いガイド同士は平行か垂直にすべき、多すぎてはダメ、全てのガイドはシンメトリーの同じ側に置け、シンメトリーの中心近くでは平行か垂直などなど。


まだ実際には試してないんだけど、なんか変な方向に行ってない?。


3D-Coatでリトポの練習(その2)

似ているけど別のモデルです。

手順はいつものSculptrisあるいはZBrushのダイナメッシュでモデリング>Decimation Masterでリダクション>3D-Coatでリトポ

顔のトポロジーは大体こんな感じに落ち着きそう。

retopo_p_02.jpg

retopo_p_03.jpg

3D-Coatでリトポの練習

ZBrushのダイナメッシュでモデリング、ポリペイントしたモデルをを3D-Coatでリトポ。ZBrushでディテールの投影。

目や歯も全て一体で作ったモデル。口の中や歯の裏側はちょっと苦労しました。もっと効率的な方法ないかな?。

retopo_p_01.jpg


次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。